これは一体?ジャスティン・ビーバーが所有する世界に一台のロールスロイスが目撃される。その隣には竹やりマフラーのシャコタン改造車【動画有】

まさかロールスロイスでこんなにも個性的なワンオフモデルが登場していたとは

これまで数多くのスーパーカー/ラグジュアリーカーを所有してきた、お騒がせ系人気歌手ジャスティン・ビーバーさんですが、今回彼が所有していると噂の非常に珍しいロールスロイス車両がスパイショットされています。

カースポッター系YouTberのeffspot氏が公開している今回の動画を見てみると、その見た目はロールスロイスが過去に公開した100%ピュアEVモデルとなる103EXコンセプト(Rolls-Royce 103 EX Concept)がモチーフになっていると思われ、恐らくベースとなるモデルは2ドアクーペのレイス(Wraith)。

ここ最近でレイスをベースにしたワンオフモデルといえば、ベルギーのコーチビルダーが発表したレイス・シューティングブレーク・カラット・デュシャトレ(Wraith Shooting Brake Carat Duchatelet)ぐらいでしょうか。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回は、そのモデルとは全く方向性が異なり、更に近未来的ながらもどこか”不気味さ”もあるワンオフモデルとなっています。


これがジャスティン・ビーバーさんが所有するロールスロイスのワンオフモデルだ!(名称は不明ですが…)

こちらが今回スパイショットされているジャスティン・ビーバーさんの愛車である、世界に一台しか存在しない(ワンオフモデルの)ロールスロイス車両。

フロントのパルテノングリルやスクエア型のフロントヘッドライト、更には大口径アルミホイール&タイヤを完全に覆ったフェンダーカバーなどが装着された姿は、先述にもある通り103EXコンセプトにそっくり。

とはいえ、このモデルはロールスロイスが顧客のために特別に製作したモデルではなく、コーチビルダーによって製作されたワンオフモデルとのこと。

具体的なチューナーは明らかになっていませんが、過去にクリス・ブラウンさんが依頼したランボルギーニ・ガヤルド(Lamborghini Gallard)ベースのレヴェントン風ワンオフモデルなど、敢えてオフィシャルにて公開していない隠れたワンオフモデルなのかもしれません。

ただ残念なことに、このモデルを所有しているオーナーさんは、パパラッチによってジャスティン・ビーバーさんであることが明確になってしまっているため、(しかもメチャクチャ目立つヴィジュアルなので…)すぐにバレてしまうのがちょっと可哀想。

ワンオフモデルのレイスの厳つい顔つきと、重厚感のあるリヤデザイン、そして竹やりマフラーを備える族車とのコラボは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう