フルモデルチェンジ版・ルノー新型カジャーの開発車両を初スパイショット!日産の新型キャッシュカイと同じプラットフォームを持つコンパクトSUV

2022年モデル・新型カジャーの開発車両のスパイショットは今回が初めて

ルノーと言えば先日、日本市場向けとなるフルモデルチェンジ版・新型キャプチャー(Renault New Captur)を発表・発売スタートしましたが、今回はもう一つ上のグレードとなるコンパクトSUV・新型カジャー(New Kadjar)と思われる開発車両が初スパイショットされています。

中々聞きなれないモデルだと思われますが、ベースとなるプラットフォームは、先日日産より発表されたフルモデルチェンジ版・新型キャシュカイ(Nissan New Qashqai)と同じCMF-Cプラットフォームを共有するモデルでもあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

早速どのような開発車両がスパイショットされているのか、チェックしていきましょう。


その姿はオシャレでフランス版キャシュカイの名にふさわしい

コチラが今回、欧州の寒冷地にてスパイショットされた新型カジャーの開発車両。

パッと見た感じは非常に小ぶりなボディスタイルですが、全幅は1,840mmを越えてくるほどのワイド感で、ボディ全体には分厚めのカモフラージュラッピングが施されているものの、凹凸をほとんど持たない非常に滑らかなフラッシュサーフェイスなボディに。

そしてフロントヘッドライトは、まるでシトロエンのような細長いLEDヘッドライトが印象的で、フロントグリルはワイド化されたアグレッシブな顔つきになることが予想されます。

少し別の角度からも。

新型カジャーの開発車両は、1台ではなく2台にてテスト走行を行っていたようで、それぞれパワートレインもしくは装備内容が異なる可能性も高そう。

再度デザインをチェックしていきますが、フロントフォグランプは高い位置に設けられ、フロントロアグリルは水平基調でワイド化、更にフロントバンパーの縁には新デザインのエアカーテンが設けられています。

新型カジャーに搭載されるパワートレインは?リヤはかなり特徴的?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう