フェラーリ新型SF90ストラダーレ見てきた!全てにおいて近未来的で最新世代…総額8,000万円&1,000馬力のPHEVは何もかもがケタ違いだった

SF90ストラダーレは実車で見ると確かに近未来的だが、それ以上にカッコ良かった

さてさて、つい先日当ブログでもお伝えした通り、いつもお世話になっているグランテスタ金沢さんに訪問させて頂き、今回特別展示されたSF90ストラダーレ(Ferrari New SF90 Stradale)を見てきました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

SF90ストラダーレは、フェラーリ初の量産プラグインハイブリッド(PHEV)システムを搭載するカタログモデルで、排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターを搭載することで、システム総出力 約1,000ps(エンジン出力780ps+モーター出力195ps)を発揮。

基本的にはアシスト力重視のPHEVモデルではあるものの、何と無給油の航続距離は1,100kmを超える程の低燃費モデル(東京~札幌まで走れる)ということで、こうした実用的な側面も持つ一台です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

車両本体価格は5,340万円(税込み)となりますが、以下のオプションが全て装備され総額約8,000万円に到達します。

・スクーデリア・フェラーリ・シールド
・ツートーンボディペインティング
・HIエモーション/Lowエミッション
・カラードブレーキキャリパー
・カーボンサイドエアスプリッター
・カーボンリアディフューザー
・カーボンアンダードアカバー
・カーボンドライバーゾーン
・カーボンインストゥルメントカバー
・カーボンリアシェルフ
・カーボンアッパートンネル
・カーボンドアパネル
・カラードインナーディテール
・カーボンダッシュボード
・F/Rヘットレストの跳ね馬刺繍
・ブラックテールパイプ
・カラードステッチ
・パーキングセンサー
・バックカメラ
・ASSETTO FIORANO(アセットフィオラノ)
・ASSETTO FIORANO EXTENDED
・ツートーンストライプ
・カーボンホイール
・カーボンファイバーレーシングシート
・レーシングシートリフター
・チタンボルト


新型SF90ストラダーレを見ていこう

早速新型SF90ストラダーレを見ていきましょう。

ボディカラーはグリジオ・フェッロ・メタリック(Grigio Ferro Met)で、ここにシルバーとイエローのアクセントカラーが追加された2トーンボディペインティングを設定(シルバーとイエローのペイントだけで200万円以上)。

そのダイナミックな迫力あるボディはもちろんですが、既に市販化されているエントリーモデルのローマ(Roma)同様に新世代且つ近未来的。

サイドから見るフロントマスクも先進的で、水平基調のLEDフロントヘッドライトや、ハンマーヘッドシャークのような縁取りのノーズが印象的ですし、この点はフェラーリのV8モデルには無い全く新しいアイデンティティ。

S字ラインを描くようなエアインテークは、スペチアーレモデルの488ピスタ(488 Pista)をイメージさせる複雑さがあり、更にはナンバープレートの装着位置までも拘りを持つほどに繊細。

カーボンホイールリムは前後で形状が異なる

足もとには488ピスタ同様にカーボンホイールを装着しますが、締結方法はチタン製ハブボルトでブレーキキャリパーはイエローにペイント。

そして前後のカーボンホイールのリムの張り出しが異なるのも注目ポイント(幅の小さいフロントが張り出し、幅の大きいリヤが凹んでいる)。

ボディカラーも手伝って、リヤはまるで戦闘機

リヤエンドは全体的に垂直基調で、しかしバンパーの一つ一つにメリハリがついたエッジの効いたデザインに。

テールスポイラーに限りカーボンパーツというのもユニークですね。

リヤテールランプも、これまでの丸形テールランプを完全に廃止し、敢えてカマロ風のランプ形状にすることでフェラーリの新時代の幕開けを表現しているそうです。

そしてリヤのプランシングホース(跳ね馬)のバッジは、デザインを損なわないように敢えてバンパーからはみ出るように設置。

跳ね馬の頭が突き出るだけで空力性能が変化する恐れがありながらも、優先すべき(妥協できない)ポイントをしっかりと抑えているフェラーリのデザイン魂にも驚かされるばかり(これが日本製のスポーツカーだった間違いなく下側にオフセットされていた)。

フェラーリの定番ともいえる”魅せるエンジン”が全く別物に?!内装もかなり先進的に!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう