【ちょっと珍しい動画3選】カウンタックリバース中にランボルギーニがエンスト。小学生がフェラーリのエンジンスタートでビビる。ジャッキー・チェン風シフトチェンジ?【動画有】

意外と有りそうで無かったちょっとユニークな珍動画を見ていこう

さてさて、個人的にちょっと珍しいと感じた動画3選をご紹介。

まずはランボルギーニ・ムルシエラゴ(Lamborghini MURCIELAGO)をバック駐車する際、カウンタック(Countach)のようなバック駐車パフォーマンスとなる「カウンタック・リバース」風に操作していたところ、まさかのエンストという珍しい動画。

スーパーカーブーム世代の方々なら知らない人はいない「カウンタック・リバース」。

1970年代、漫画「サーキットの狼」等でスーパーカーの火付け役となったカウンタック(本来の呼び方は「クンタッシュ」)ですが、当時のスーパーカーは常軌を逸したデザインとスタイリング、高出力・高性能(つまりは高い数値を持った車)、美しさ、価格の全てがスーパーであることから、若い世代から絶大なる支持を得ていました。


「カウンタック・リバース」ならぬ「ムルシエラゴ・リバース」?

ただ、こういったスーパーカーは、後方視界が絶望的に悪く(後継モデルとなるディアブロも同様)、駐車する際は非常に危険でした。

こうした問題を解決するため、カウンタック・オーナーが縦開き(ガルウィング)のドアを上手く活用し、サイドステップないしはシートの端に腰掛け、上半身を車体から身を乗り出すようにして後方を確認しながらバック駐車する姿から、自然と「カウンタック・リバース」という名称が付き、これを真似するカウンタック/ディアブロオーナーが急増したとも言われています。

あまりにも不便すぎる駐車ではありますが、「これを行えるオーナーはカッコいい」と言われた程で、今現在でもカウンタック/ディアブロを所有するオーナーは、イベントでのパフォーマンスの一環として行っているみたいですね。

カウンタックリバースは決して簡単なものではない

なお、こういった駐車をする際、当時はマニュアルのみのトランスミッションを持つ個体しか存在しなかったため、「カウンタック・リバース」を行う際、後方視界を気にしながらも硬いクラッチとアクセルをうまく操作しながら行うというのは至難の業。

それでも、こういった駐車スタイルを貫くのがランボルギーニオーナーなのかもしれないですが、男の憧れである以上、やはり極めておきたい業なのだと思います。

今回「カウンタック・リバース」(この場合は「ムルシエラゴ・リバース?」)風な駐車を試みたところ、やはりクラッチが相当に重かったのか、それともクラッチ・ペダルが奥過ぎて足が届かなかったのかエンストすることに。

すぐさまエンジンを掛けて無事駐車していますが、今まで見た動画は上手く駐車していた動画ばかりだったので、こうしたエンスト例は非常に珍しいのではないかと思います。

【ムルシエラゴ 駐車でエンスト】

わかってはいたけど…フェラーリのエンジン始動に驚く小学生

こちらはフェラーリF430スパイダー(Ferrari F430 Spider)に乗ってみた小学生が、エンジンスタート時のエキゾーストサウンドに驚いてしまうという動画。

初めてフェラーリ車両に乗る小学生に対して、優しく丁寧に教えるオーナーさん。

このシーンを見るだけでも穏やかな気持ちになりますが、小学生がエンジンスタートした瞬間に、F430スパイダーの狂気的なV8サウンドに驚きます。

ある意味小学生にとっては最高の思い出になったのではないかと思います。

【フェラーリの爆音にビビる小学生!】

意外と有りそうで無かったジャッキー・チェン風のシフトチェンジ

こちらはジャッキー・チェン風のシフトチェンジ?を行う謎の動画。

エンジンは掛かっていないにしても、下手したらシフトレバーが折れる恐れがありそうです。

【ジャッキーチェンシフトテクニックらしいです】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう