BMW X3/フォード・エクスプローラーに計1万台超えの大量リコール!アイドリングストップからのエンジン再始動ができない恐れアリ

アイドリングストップ後、エンジンが再始動できない致命的な不具合に

BMWのコンパクトSUVモデルでディーゼルタイプのX3 xDrive 20dの1車種・軽10,823台にリコール。

不具合内容としては、低圧燃料ポンプにおいて、燃料成分に対する検証が不十分なため、日本仕様の燃料に含まれる成分が低圧燃料ポンプのジェローター(金属製圧送ギア)部分に付着し、堆積することがあるとのこと。

そのため、堆積物が抵抗となって燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、アイドリングストップからのエンジン再始動が出来なくなるおそれがあるとしてリコールを届け出ています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故は発生しておらず、不具合は既に126件発生していて、市場からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[X3 xDrive 20d]
・LDA-WY20/WBAWY32050L686596 ~ WBAWY32040L699999/平成 24 年 7 月 18 日 ~ 平成 27 年 8 月 14 日/3,122台

・LDA-WY20/WBAWY320300C65805 ~ WBAWY320100C72798/平成 25 年 3 月 25 日 ~ 平成 25 年 11 月 25 日/1,496台

・LDA-WY20/WBAWY320900H06000 ~ WBAWY320100H08985/平成 25 年 11 月 25 日 ~ 平成 26 年 2 月 24 日/998台

・LDA-WY20/WBAWY320700K37101 ~ WBAWY320000K41099/平成 26 年 2 月 21 日 ~ 平成 28 年 6 月 2 日/2,438台

・LDA-WY20/WBAWY320900N96000 ~ WBAWY320200N96999/平成 27 年 7 月 30 日 ~ 平成 28 年 5 月 25 日/998台

・LDA-WY20/WBAWY320000T95053 ~ WBAWY320700T95552/平成 28 年 5 月 11 日 ~ 平成 28 年 10 月 14 日/497台

・LDA-WY20/WBAWY320600R54900 ~ WBAWY320100R55534/平成 28 年 6 月 2 日 ~ 平成 29 年 8 月 7 日/634台

・LDA-WY20/WBAWY320100V61600 ~ WBAWY320400V62241/平成 28 年 10 月 8 日 ~ 平成 29 年 8 月 21 日/640台

改善措置としては、全車両、低圧燃料ポンプを対策品と交換するリコール作業を実施するとのことです。

フォード・エクスプローラーも走行不能の恐れがあるリコールに…気になる対象台数やモデルなどの詳細は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう