東名高速・蛯名SA付近にて、シャコタン仕様に違法改造されたトヨタ・クラウン/マークXがノロノロ並走…一方でこのニュースを公開したメディア/マスコミの取り上げ方も悪質だと考えるその理由【動画有】

東名高速道路をノロノロと並走する2台も十分問題だが、これを取り上げたメディア/マスコミも迷惑運転以上に悪質

2020年6月30日に妨害運転罪(あおり運転)が施行されて以降、あおり運転や迷惑運転が劇的に減ることもなく、今もなおニュース/新聞などで大々的に取り上げられることが多くなっていますが、今回も周りのことを一切考えない非常に悪質危険な迷惑運転を行う2台が目撃され問題となっています。

2021年4月4日に東名高速道路・海老名サービスエリア付近にて撮影されたドライブレコーダーの映像を見てみると、渋滞気味の道路上にて、後続に迷惑をかけるようなノロノロ並走する車両が登場。


違法改造された車両2台が後続のことを考えずに迷惑行為を連発

こちらが今回、ドライブレコーダーにて撮影された2台のノロノロ並走。

シャコタン仕様に違法改造されたトヨタ・クラウン(Toyota Crown)とマークX(Mark X)が、渋滞気味の道路を利用して悪質な迷惑運転を繰り返します。

マークXの助手席から身を乗り出し、クラウンのドライバーにスマホを見せているのが確認できますが、なぜ今このようなことをする必要があるのか全くもって理解できず(おそらく彼らは知り合い同士だと考えられる)。

クラウンのドライバーがマークXに近づいていきますが、あまりにもノロノロと運転するため、左側車線からどんどんと別の車両が追い抜いていきます。

メディア/マスコミは迷惑運転を繰り返す車両にモザイクをかけ、全く無関係の車両ナンバーを晒す理由とは?

周りの流れに全く合わせず、自分勝手に並走する2台の迷惑車両。

ただその一方で、このニュースを取り上げているANN Newsや他のメディア/マスコミに対する疑問点として、「迷惑車両のナンバーとドライバーにはモザイクをかけるのに対し、全く無関係の車両ナンバーは晒すのか?」ということ。

本来隠さなければならないナンバーは隠さず、違反・迷惑運転を繰り返す車両のナンバーを隠すメディアの理解不能な取り上げ方も問題だと思われ、これを見てしまうと「メディア/マスコミは迷惑運転を繰り返すドライバー側の味方に付いている?」と思われてもおかしくないレベル。

こうしたメディア/マスコミの不可解な報道は以前から疑問に感じていたものの、今回も思いっきり罪のない車両のナンバーが公開されている辺り、迷惑運転を繰り返すドライバーたち以上に、メディア/マスコミも十分悪質だと考えたり。

もちろん、こうした常軌を逸した行為を見せる迷惑ドライバーも論外ですし、全国ネットで公開された以上は何らかの処置が下される可能性は高いでしょうね。

まずはこうした自分勝手な運転で、他人を巻き込むような事故に発展しなかったことが不幸中の幸いだと思います。

【東名高速で窓からスマホ差し出し・・・ノロノロ“並走”(2021年4月5日)】

首都高速道路にて、違法改造された車両で”ハコ乗り”する迷惑ドライバーとは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう