【発売は2021年秋頃】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型GR86/スバル新型BRZが世界初公開!2.4リッター水平対向4気筒NA搭載で235馬力発揮!【動画有】

待望の日本市場向け新型GR86/新型BRZが世界初公開!

さてさて、2021年4月5日にToyota Gazoo Racingとスバルの共同開発モデルが登場すると報じられていた新型車両ですが、遂にフルモデルチェンジ版・新型GR86とスバル新型BRZが世界初公開されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

特にトヨタ新型GR86は、足回りやパフォーマンスの関係で2022年以降に登場する?との噂が報じられていましたが、トヨタ公式発表より2021年秋頃に登場予定であることが判明。

今回はトヨタ新型GR86をメインに内外装をチェックしていきましょう。

▽▼▽日本市場向け新型BRZはコチラ!▽▼▽


新型GR86のエクステリアをチェックしていこう

こちらが今回世界初公開された新型GR86/新型BRZ。

大きくフロントエンドに張り出したロングノーズを見る限り、2ドアスポーツクーペスタイルであることは確定的でしたし、これまで公開されてきたレンダリング画像とほぼ同じフロントフェイスなのがわかりますね。

なお新型GR86は「直感ハンドリングFR」をコンセプトに登場しましたが、今回のモデルは新型BRZ同様に超低重心を図ったモデルとなるため、エンジンはターボチャージャーなどを一切採用せず、排気量2.4L 水平対向4気筒自然吸気エンジンを搭載します。

ワイド&ローが更に際立つ新型GR86

こちらが新型GR86のフロントマスク。

先代86のボディラインをキープしながらも、ベルトラインから水平に通ったフェンダートップによって後輪駆動(FR)らしい車両姿勢を表現し、更に水平に低く通したアンダーボディを採用することで、ワイド且つ低重心な見た目に変化。

ちなみにボディサイズは、全長4,265mm×全幅1,775mm×1,310mmで、最低地上高は130mm、車体重量は1,270kg。

フロントエンドはこんな感じ・

新型BRZとは異なり、口角を上げたようなフロントグリルではなく、GRらしいスクエア型の大口ファンクショナル・マトリクスグリル(Functional Matrix Grill)を採用しています。

アルミ素材の採用やシート、マフラーの改良を重ねることで軽量化にも貢献

リヤビューは新型BRZと共通化するポイントも多く、”フ”の字のリヤテールランプや、両サイド1本出しのデュアルエキゾーストパイプ、そして大きく上方に張り出したダックテールスポイラーが印象的。

なおトヨタによると、ルーフパネルのアルミ材の採用や、更なる低重心化やフェンダーのアルミ材採用、フロントシート、マフラーなどの改良による軽量化にも貢献しているとのこと。

あとは街乗りから限界走行まで、どんな速度域でも”走る楽しさ”を感じられるハンドリング性能を目指し、ボディ剛性を向上するだけでなく、ねじり剛性を従来型比約50%向上させることで操縦安定性能を高めているのも重要トピックスとなっています。

足回りやエンジンスペック、車内、そして新型GR86の主要諸元は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう