販売終了の噂が度々報じられるメルセデスベンツ新型CLSクラスに2022年モデルの一部改良版が登場。新色&新デザインのステアリングで先進的に

CLSクラスはまだまだ健在でスポーティ路線に?

さてさて、以前より度々噂されているメルセデスベンツの4ドアクーペスタイル・CLSクラス(Mercedes-Benz CLS-Class)の販売終了説ですが、今のところ日本市場向けに関してはそういった情報は無し。

かといってマイナーチェンジやフルモデルチェンジに関する情報も特にないものの、今回北米市場向けを対象に2022年モデルの一部改良版・新型CLSクラスが発表されました。

エクステリアデザインは細部に変更が加えられ、新しいボディカラーやインテリアデザインが一部変更されるとのことで、早速その中身をチェックしていきたいと思います。


ぱっと見は変改していないように見えるが…?

こちらが今回、メルセデスベンツ公式より発表された北米市場向けの新型CLSクラス。

2022年モデルでは、サイドシルやグロスブラックのアクセントが加味されたエクステリアパーツなどのAMGラインスタイリングパッケージが標準装備。

更には、フロントバンパーのアンダー部分に流れるエアーを、より効率的に流せるようにデザイン改良しているとのことで、ラグジュアリーな路線から若干スポーティにシフトしているとのこと。

真正面から見てみるとこんな感じ。

見た目の変化としてはそこまで大きなものではありませんが、フロントスプリッターにはクロームのアクセントが追加され、フロントグリルパターンも3次元のメルセデススターデザインへ変更など細かなリフレッシュも。

あとはフロントLEDヘッドライト周りも変更していて、外側の角部がクリアではなく琥珀色に変更され、より伸びやかなでワイドな印象を与えています。

こちらはリヤデザイン。

リヤエキゾーストチップにはクローム仕上げの台形型が採用され、リヤディフューザーもインストール。

そこまで派手な印象を与えず、寧ろすっきりとした印象を与えています。

新型CLSクラスの新色と新デザインアルミホイール、インテリアなど…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう