アウディ新型A6 e-Tron Conceptが発表前に完全リーク!どうやら上海モーターショー2021に向け、新型Q4 e-Tronと同時デビューのようだ

アウディが新たに発表する次世代e-TronはA6ベース!

アウディは以前、新世代ピュアEVクロスオーバーモデルとなる新型Q4 e-Tron/Q4 e-Tron Sportbackを世界初公開したばかりですが、今度は2021年4月19日より開催予定となっている中国・上海モーターショー2021に向け、全く新しいピュアEVセダンを発表する予定ではあるものの、そのモデルが発表前に完全リークされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回完全リークされたモデルは、ピュアEV4ドアセダンの新型A6 e-Tron Conceptで、上位グレードとなるA6の次世代電気自動車版。

先述のQ4 e-Tronと同時に実車デビューを予定していますが、ここにてフロント・サイド・リヤビューが完全に洩れてしまいました。


プラットフォームはe-Tron GT/ポルシェ・タイカンと同じPPEを採用

早速完全リークされた新型A6 e-Tron Conceptを見ていきましょう。

名称の通りコンセプトモデルとなるため、おそらく量産モデルはもう少しトーンダウンするとは思いますが、基本的なところとしてはPPE(Premium Platfor Electric)と呼ばれる、アウディとポルシェが共有する専用EVプラットフォームを採用。

このプラットフォームは、アウディが以前発表・発売した新型e-Tron GTや、ポルシェ初のピュアEVスポーツセダン&クロスオーバースタイルのタイカン(Porsche New Taycan)/タイカン・クロスツーリスモ(New Taycan Cross Turismo)に流用されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その一方で、上海モーターショー2021にて同時出展される新型Q4 e-Tronは、PPEではなくMEB EVプラットフォームを流用したモノで、フォルクスワーゲン新型ID.4の上級版と考えた方が良さそう。

A6ベースとは思えぬほどの伸びやかさとダイナミックボディ

PPEプラットフォームは、J1シャシーと比較して適応性が高く、幅広いモデルにも流用でき、更にはスタンダードなホイールベースからロングホイールベースまで様々な車種に流用できるのも魅力の一つ(それでいて高剛性を確保)。

そういった汎用性と適応性の高さを上手く持つPPEプラットフォームを搭載する新型A6 e-Tron Conceptですが、ボディスタイルはA7のように伸びやかな4ドアセダンで、フロント・リヤオーバーハングは少し長め、車高も非常に低く、ルーフラインはクーペ風で一本線を描くような美しさ。

パッと見た印象としてはフラッグシップセダンのような印象ですが、A6ベースということであればボディサイズもそこまでオーバーロングではないのかもしれませんし、しかし中国市場向けを意識しているのであれば、A6L相当の可能性も高そう。

リヤビューはアウディお得意の先進パーツを採用しつつ、フロントマスクはガソリンモデルっぽいメリハリを付けたデザインに…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう