ホンダ新型Honda SUV e:Prototypeが世界初公開!新型ヴェゼルのピュアEV版だと思われ、その顔つきはマイルドヤンキー風。更にPHEVモデルの新型ブリーズも!

思った以上に新型ヴェゼル顔だった

2021年4月19日より開催の中国・上海モーターショー2021にて、ホンダの新世代ピュアEVクロスオーバーモデルとなる新型Honda SUV e:Prototypeが世界初公開されました。

ホンダのピュアEVクロスオーバーモデルといえば、中国・北京モーターショー2020に出展されたHonda SUV e:Conceptが記憶に新しいかと思いますが、今回は「プロトタイプ」モデルということで、将来的に市販化を想定した現実的な一台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

一体どのようなエクステリアに仕上げられたのか?更に新たに登場した新型ブリーズPHEVも含めてチェックしていきましょう。


新型Honda SUV e:Prototypeのフロントマスクをチェックしていこう

こちらが今回公開された新型Honda SUV e:Prototypeのエクステリアデザイン。

コンセプトモデルに比べてトーンダウンした感はあるものの、2021年4月23日に発売されるフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)のEV版のようにも見え、ヘッドライトの目つきなどを見るとマイルドヤンキー風。

ただフロントグリルレスバンパーを採用したことにより、更にクリーン度とEV感が増しているため、新型ヴェゼルとは大きく差別化されているのではないかと思います。

新型ヴェゼルとも比較してみよう

こちらが新型ヴェゼルのフロントマスク。

ボディ同色(インテグレーテッド)グリルが何とも印象的で、ヘッドライト上部に設けられたLEDデイタイムランニングライトやヘッドライトデザインもHonda SUV e:Prototypeに引き継がれているように感じられます。

中国市場を強く意識した装備内容に

改めてプロトタイプモデルに戻りましょう。

ボディカラーはホワイト×ブラックの2トーンタイプで、サイドミラーはおそらくミラーレスのカメラ仕様、そして足元のアルミホイールは大口径ながらもマルチスポークタイプにすることで中国ユーザーに好まれやすいデザインを採用しています。

リヤビューはこんな感じ。

リヤテールランプデザインもモロに新型ヴェゼルが取り入れられ、センター非直結式から直結式にアップグレード。

ハイマウントストップランプも、ルーススポイラーの端から端までいっぱいに延びたロング仕様になります。

新型Honda SUV e:Prototypeの発売時期はいつ?新たなPHEVモデルとなる新型ブリーズは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう