フェラーリ新型812コンペティツィオーネ(アペルタ)が公式デビュー!スーパーファストに比べて+25%ダウンフォース…これが本当に最後のV12NAノンハイブリッドモデルに?

2021-05-08

遂にフェラーリ史上最強のエンジン出力を持つ812コンペティツィオーネがデジタルワールドプレミア!

フェラーリは以前、同社フラッグシップGT&V型12気筒自然吸気エンジンモデルとなる812スーパーファスト(Ferrari 812 Superfast)のハードコア版に関する事前情報を公開しましたが、遂に2021年5月5日の午後9時半に、詳細な車名と新たな派生車種を世界初公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに812スーパーファストのハードコア版の名称は812コンペティツィオーネ(812 Competizione)、812GTSのハードコア版の名称は812コンペティツィオーネA(812 Competizion Aperta)となります。


クラシカルなデザイン言語を取り入れた新世代スーパーGT

こちらが今回世界初公開された新型812コンペティツィオーネ/812コンペティツィオーネ・アペルタ。

クーペモデルはリヤガラス無しでダクト付きパネルを採用するため、後方視界はほぼ絶望的。

一方のオープンタイプとなるアペルタは、812GTSとは大きく異なるタルガトップ風に変更されています。

エンジン出力のみで830馬力はフェラーリ史上最強

パワートレインは排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力800ps→830ps/9,500rpmにパワーアップし、最大トルク717Nm→695Nmにダウン。

エンジン出力のみで830psを発揮するのはフェラーリブランドとして初であり史上最強で、今まではラ・フェラーリと812スーパーファストのエンジン出力800psでした。

更に9,000rpm以上の驚異的な回転数を発揮するモデルは非常に珍しく、本来9,000rpmまでの高回転型を実現したのは458イタリア(458 Italia)以来。

こうした高回転型を採用するために、812スーパーファストよりも更に40%軽量なチタンコンロッドや、新開発のダイヤモンドライクカーボンコーティングを施すなど、設計をほぼ見直すことでカムシャフトとピストン内部の摩擦が大幅に低減し、更に耐久性も向上しているとのこと。

ハードコアモデルといえど、フェラーリがここまで大胆な設計の見直す辺り、フラッグシップモデルに対する敬意や想い、そして最後のV型12気筒ノンハイブリッドNAであること示唆しているようにも感じられます。

これまでに感じたことの無いV12の咆哮を奏でる?

エンジンの改良はもちろんのこと、より軽量でバランスの取れたクランクシャフトも含まれていますが、インテークは可変ジオメトリのインレットトラクトを装備。

これに加え、欧州市場では必須ともいえるガソリンパティキュレートフィルターを備えつつ、フェラーリのV12エンジンの咆哮を「これでもか!」というほどにセッティングし、官能的且つ過激なエキゾーストサウンドを提供するところも注目したいところです。

新型812コンペティツィオーネの主要諸元は?販売台数や価格帯はどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう