フェラーリF125TDE?謎のスペシャルモデルらしき個体がスパイショットされる…そして2021年5月5日デビューの新型812コンペティツィオーネの開発車両も登場

噂によるとベースはF12tdfとの情報も

いよいよ2021年5月5日の21時半より、フェラーリ812スーパーファスト(Ferrari 812 Superfast)をベースにしたハードコアモデルとなる、新型812コンペティツィオーネ(New 812 Competizione)/812コンペティツィオーネ・アペルタ(New 812 Competizione Aperta)が公開されますが、これとは全く異なるスペシャルワンオフモデルがスパイショットされています。

噂によれば、フェラーリが世界限定799台のみ販売したF12tdfをベースにしたSPシリーズではないか?ともいわれていますが、一体どのようなモデルなのか早速チェックしていきましょう。


見れば見る程に謎多き特別モデル

こちらが今回スパイショットされたフェラーリの謎のモデル。

どうやら情報によると、ほとんど表には出ていないF125TDE(F125 Tour de Espana)とのことで、(F125TDEが正式な名称とも限りませんが)一方でイタリアの名門コーチビルダーでお馴染みツーリング・スーパーレッジェーラ(Touring Superleggera)が設計したワンオフモデルではないか?との情報も。

フロントフェンダーに本来あるべきはずのスクーデリア・フェラーリのエンブレムが無いのも気になるところですが、この点はオーナーの強いこだわりがあるのかも。

なおツーリング・スーパーレッジェーラといえば、2021年5月3日に創立95周年を記念するスペシャルモデルに関するティーザー画像を世界初公開したばかりですが、今回スパイショットされた個体と直接的な関係性があるかは不明。

▽▼▽関連記事▽▼▽

改めてエクステリアを見ていくと、圧倒的に低い車高に加えて、センター締結式の軽量鍛造アルミホイール、触媒レスっぽいセンター上方出しマフラー、特殊な形状を持つスポイラーなど、今までに見たこと無いような特殊デザインでありながら、しかしリヤエンドにはアブダビのナンバープレートが装着されている辺り、サーキット専用モデルではなく公道仕様モデルであることは確か。

ただその一方で、ラップアラウンドフロントガラスや両端までワイド化された巨大リヤディフューザーは、どう考えても公道仕様とは思えぬほどのエクストリームさがあり、見れば見る程謎の多いモデルであることは確かだと思います。

発表間近!最後のV12ノンハイブリッドNAと思われる812コンペティツィオーネの開発車両をスパイショット!

いよいよ2021年5月5日の発表まで残りわずかとなった812コンペティツィオーネですが、これで最後?と思われる偽装薄めの開発車両がスパイショットされています。

既にスペックや詳細なパフォーマンスに付いては明らかになっていますが、最も気になるのは正式名称と何台限定販売されるのかということ(既に完売しているとの情報も)。

おそらくチャリティーオークション用に寄付する1台目を除き、△△9台になると思われますが、日本でも何台納車されるのか気になるところです。

【FERRARI 812 GTO/VS/COMPETIZIONE ALMOST CRASHES WHILE TRYING TO RUN AWAY FROM ME】

812コンペティツィオーネの気になるスペックや機能性については、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう