世界限定60台のみ!ブガッティ新型シロン・スーパースポーツが世界初公開!直線性と快適性を両立したラグジュアリーハイパーカー。但し価格は約4.3億円から

ブガッティはまだ500台のシロンを完売しておらず、こうして限定商法に走らないと売れない?

ブガッティは先日、シロンをベースにした新たな派生車種に関するティーザー画像を公開しましたが、2021年6月8日の18時に、その姿を世界初公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回ブガッティが発表した新たな派生モデルは、以前より噂されていたワンオフ仕様のスピードスターではなく、世界限定60台のみ販売する究極のスポーツ&ラグジュアリー仕様のシロン・スーパースポーツ(Bugatti New Chiron Super Sport)。

ブガッティが2019年に発表した最高時速490.48km(304.77マイル)に到達した究極の直線番長で、世界限定30台のみ販売したシロン・スーパースポーツ300+と同じカテゴリに属しつつも、ちょっとキャラクターが異なる一台となります。


シロン・スーパースポーツは「直線性と快適性」を持ち合わせた究極のラグジュアリーハイパーカー

こちらが今回、ブガッティが公開した新型シロン・スーパースポーツのエクステリアデザイン。

一見して従来型のシロンと大きな差は無いようにも感じられますが、このモデルではスタンダードグレード・シロンのような快適性に加え、シロン・スーパースポーツ300+の過激な直線性を上手く両立した”良いとこ取り”の一台となります。

ブガッティがこれまで販売してきたモデルは、直線性を重要視するために「ラグジュアリーさ」と「洗練性」を犠牲にしたハードコア仕様のスーパースポーツ300+を販売し、一方で直線性ではなく究極のコーナリング性を重要視するために、快適性を犠牲にしてガッチガチの乗り味を追求したピュルスポールが販売されました。

シロン・スーパースポーツは世界限定60台のみ、価格帯は税抜き4.3億円から

ある意味でシロン・スーパースポーツは、これまでブガッティが叶えられなかった要素を上手く実現したモデルだと考えていて、正統なシロンの上位車種という立ち位置で発表してきたのかもしれません。

とはいえ、これだけの贅沢な要素を全て持ち合わせたモデルですから、価格帯も相当に跳ね上がっているとのことで、先述にもある通り世界限定60台のみ販売され、その車両本体価格は税抜き約4.3億円となります。

恐らく税込み+オプション+諸費用なども込々にしたら、約5.5億円~6億円になるものと予想されますが、それでも何の躊躇もなく購入されるVIPオーナーが存在することが凄いところです。

シロン・スーパースポーツの内外装デザインやエンジンスペック、パフォーマンスなどは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう