フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXがまたもリーク!フラットなフロントマスクに新デザインのスピンドルグリル意匠、そしてLEDデイライトは上部に【動画有】

おそらくティーザー4弾目の画像だとは思うものの、まさかこのタイミングでリークされるとは…

いよいよ2021年6月12日の午後12時にデジタルワールドプレミア予定となっているレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXですが、これまで3種類のティーザー画像が公開されてきたものの、今回は第4弾と思われるティーザー画像がリークされています。

海外自動車系YouTuberのNewCar2020チャンネルにて公開されている今回の動画では、レクサスがこれまで公開してきたティーザー画像に加えて、今まで公式からは公開されなかったフロントマスクの一部、そしてスピンドルグリルデザインが明らかになっています。

早速新型NXのフロントマスクがどのようなデザインに仕上げられているのかチェックしていきましょう。


リークされた新型NXのフロントマスクをチェックしていこう

こちらが今回完全リークされている新型NXのフロントマスク。

背景は欧州のオシャレな街並みだと思われ、これまで日本の富士山、中国の建物?、そしてアメリカの南国っぽい?砂浜をテーマにしたティーザー画像が公開されてきたため、今回は欧州にスポットを当てたのだと予想されます(全て新型NXの販売対象国と思われる)。

改めてティーザー画像を見ていくと、フロントマスクは2021年2月に完全リークされたものと同じで、フロントエンドを”スパッ”と切ったかのようにフラットに仕上げられ、縦型基調のスピンドルグリル意匠が採用され、スピンドルグリルフレームはブラックのアクセントで引き締まった印象に(シルバーメッキでも漆黒メッキでもない)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

更に初代NXでは設けられなかったノーズノーズが採用され、SUVというよりもステーションワゴンやハッチバックのようなスポーティなスタイルを演出するために、バンパー形状やフロントフードもゼロからの設計されたものと考えられます(もちろんプラットフォームも新型ハリアー/RAV4と同じTNGA-Kを採用)。

そしてもう一つ注目したいのがフロントヘッドライト。

初代NXでは”L”字型のLEDデイタイムランニングライトとヘッドライトが独立・下部に設けられていましたが、今回のフルモデルチェンジでは、ヘッドライトと一体・上部へとリフレッシュし、おまけにDRLはシームレスデザインで高級感アップ。

LEDデイライトが上部に設けられるのは、レクサスでは4車種目

LEDデイタイムランニングライトが上部に設けられた例は、これまでCT/UX/ISの3車種でしたが、今回ここに新型NXが加わることになり、もしかすると今後のレクサスの新型ではLEDデイライトが上部に統一される可能性もあるかもしれませんね(2021年末に登場予定のフルモデルチェンジ版・新型LX600/LX500にも注目!)。

これまで公開されてきた新型NXのティーザーキャンペーンおさらいは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう