フルモデルチェンジ版・BMW新型M2(G87)のフロントバンパーが完全リーク!巨大キドニーグリルとは異なり、次期M2はカクカク顔になりそうだ

ここ最近のBMWでは一番イケてる顔つきかもしれない

BMWは2021年7月8日、フルモデルチェンジ版・新型2シリーズ・クーペ(BMW New 2 Series Coupe)を世界初公開しましたが、今回はこのモデルをベースにしたハイパフォーマンスグレードの次期M2(G87)と思われるフロントバンパーが完全リークされています。

まだ発表・発売もされていないにも関わらず、フロントバンパーが完全リークされる事例は非常に珍しいですが、実は2020年にもマイナーチェンジ版・新型M5 CSのフロントバンパーやヘッドライトが完全リークされるという珍事が発生しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

恐らく今回もその類ではないかと予想されますが、一方で社外メーカーのカスタムバンパーではないか?という見方もあるそうです。

早速新型M2と思われるフロントバンパーのリーク画像をチェックしていきましょう。


今までに無い新たな趣向をもたらすキドニーグリル付きフロントバンパー

こちらがそのフロントバンパー。

リーク画像を掲載しているのはインスタグラムユーザーの@Sugarchowですが、リーク元は中国とのこと。

画像を見る限り、これまでのBMWには無い全く新しいデザイン言語だと思われ、特にフロントエアインテーク周りのフレーム形状がスクエア型に仕上げられている辺り、フロントマスク全体がかなりカクカクした顔つきになりそう。

加えてフロントのキドニーグリルも同様で、これまではiX/新型4シリーズ/M3/M4のように巨大縦型キドニーグリルが採用されてきましたが、そういったインパクト重視という感じではなく、エアインテーク同様にキドニーグリルフレームもカクカクしているのがわかりますね。

こちらは水平基調のバーが設けられたキドニーグリルで、フロントロアグリル部分もとにかくカクカク。

こうしてみると、BMWのこれまでのデザインアイデンティティに頼らない、攻めのデザインで開拓していく姿勢は尊敬するものがあり、これまでのデザイン言語が酷評されていただけに、意外にも次期M2は良い評価を得られるかもしれません。

もう少しキドニーグリルを拡大してみるとこんな感じ。

しっかりと「M2」のネームバッジが貼付されているのが確認できますね。

完全リークされたフロントバンパーを組み合わせた完成イメージレンダリングは、以下の次のページにてチェック!