650台のみ追加生産が決まったホンダS660に対するSNSの反応「なぜあと10台頑張れなかった?」「ホンダは残り10台分何か隠してる?」…更に中国・紅旗(ホンチー)がレクサス新型LM対抗のミニバンを開発中

なお販売店への割当て分となる600台はほぼ完売

さてさて、2022年3月に生産終了することが確定し、2021年3月末の時点で既に完売していたホンダの軽スポーツモデルS660ですが、2021年11月1日にホンダの公式プレスリリースでも「650台のみ追加生産する」ことを発表しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに全650台のうちの600台分に関しては、既に全国のホンダディーラーに割り当て数が決まっていて、「特別仕様車version Zが購入できなかった方」「α(アルファ)/β(ベータ)を購入しようにも、既に完売で購入できなかった方」を優先して販売しているため、初見の方/転売ヤーが購入することはほぼ不可能。

つまり、既に600台分に関してはプレスリリースの前にほぼ完売済となっています。


S660が計650台分追加生産されることに関して、SNSでの反応は?

一方で残りの50台分に関しては、ホンダの公式特設サイトを経由しての抽選販売となるため、2021年モデルのシビックタイプR”リミテッドエディション”(Civic Type R Limited Edition)の時のような販売形式となります。

ただこういった販売方法について、案の定SNSでは賛否がハッキリ分かれていて、「中古で購入しようと思っていたが、今回の追加生産は本当に嬉しい」とコメントする人もいれば、「なぜ敢えて追加生産(しかも残り50台は抽選)方式にしたのか理解できない」といった辛口コメントも。

この他にも、S660の追加生産に対して、SNSでは以下のようなコメントがありました。

◇高い中古車買った人どうなるの

◇660台じゃないのね

◇いやあと10台がんばれよ

◇あえて10台少なくして購買意欲を煽る戦略と見た

◇S660追加販売するのか! 焦って高掴みした人は涙目だねぇ・・・ 

◇バカみたいな値段が付いた中古車を買った人等が嘆けく企画ですね。 流石ホンダ。

◇割高な中古に手を出した人、涙目やな、、、。

◇こういう判断をするなら、今からでも限定期間内を設定して受注台数は全部つくると言いなさいよ。 やることが中途半端。

◇S660の追加販売が正式に決定! おめでたい!

◇どうせ50 台の抽選には当たらないだろうから申し込むか

◇おー!!! 転売に渡らず欲しい人に渡ることをお祈りしております

◇どうして660台にしなかったんだw 10台だけ特別仕様で別枠とかあるのかな

なぜ660台ではなく650台の追加生産なのか?

圧倒的に多かったのは「なぜ660台じゃないんだ?」「あと10台頑張れなかったのだろうか?」といったコメントですが、(これはあくまでも私の予想ですが…)もしかするとホンダは、最終的に660台追加生産できるように、敢えて残り10台は「最後の特別仕様車として販売するのではないか?」と推測。

もちろん、これはあくまでも私の勝手な推測なので外れる可能性も十分考えられますが、それでもホンダは何かを隠しているのでは?とも期待したり。

さすがに完全に販売終了したversion Zを10台追加で販売すれば、既に購入しているユーザーからクレームが起きそうなので、そのようなリスクは避けるとは思いますが、これだけキリの良い”10”という数字が残されたわけですし、生産終了する1か月前までは、ホンダの動きに注目したいところです。

中国の最高級車・紅旗(ホンチー)が、トヨタ次期アルファード/レクサス新型LM対抗のラグジュアリーミニバンを開発中?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!