日本仕様のフルモデルチェンジ版・日産新型エクストレイル(T33)に設定される特別仕様車エクストリーマーXのメーカーオプションをチェック!標準グレードとの違いもおさらい

これで特別仕様車エクストリーマーXの詳細は網羅できそうだ

さてさて、2022年7月下旬に発表・発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型エクストレイル(Nissan New X-Trail, T33型)ですが、過去のブログでもお伝えの通り、今回のフルモデルチェンジで新型ノートシリーズ(New Note)同様にe-POWERのみのラインナップとなる予定です。

既に当ブログでは、新型エクストレイルe-POWERに関する以下の詳細情報を公開済みですが、今回は特別仕様車X エクストリーマーXのメーカーオプション詳細と、特別装備やボディカラーなどをおさらいしていきたいと思います。

◇標準グレード構成、カスタムグレードAUTECH、特別仕様車X エクストリーマーX

◇パワートレイン

◇ボディカラー

◇標準グレードとAUTECHのメーカーオプション

◇ドライビングサポート・プロパイロット(ProPilot)

◇グレード別主要装備

▽▼▽関連記事▽▼▽


特別仕様車X エクストリーマーXは、中間グレードXがベースになっている

via:Twitter

まずはおさらいも兼ねて、特別仕様車X エクストリーマーXがどのグレードをベースにしたのか?についてですが(エクストリーマーXではなく、X エクストリーマーXとのこと)、これは中間グレードXの2列5人乗りと3列7人乗りをベースにしつつ、オフロード気質でアクティブ感を強調した特別仕様車となります。

そのため、特別仕様車のグレード構成は以下の通り。

◇特別仕様車X エクストリーマーX(2列5人乗り)[e-4ORCEのみ]

◇特別仕様車X エクストリーマーX(3列7人乗り)[e-4ORCEのみ]

オフロード志向の一台ということで、実は駆動方式も前輪駆動[FF]は設定されず、四輪駆動[e-4ORCE]のみのラインナップとなります。

もちろんパワートレインも、排気量1.5L 直列3気筒VCターボエンジン+新世代シリーズハイブリッドシステムを採用するe-POWERの一択のみとなります。

特別仕様車X エクストリーマーXの特別装備をおさらい

続いては、特別仕様車X エクストリーマーXの特別装備についておさらいしていきましょう。

以下の関連記事にもある通り、中間グレードXの主要装備をベースにしつつ、アクティブ感強めのパーツ類が標準装備されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【(2023年)特別仕様車X エクストリーマーXの特別装備一覧】

◇中間グレードX[e-4ORCE]の主要装備を追加

◇エクストリーマーX専用フロントグリル

◇エクストリーマーX専用フロントアンダープロテクター

◇エクストリーマーX専用リヤアンダープロテクター

◇エクストリーマーX専用18インチアルミホイール

◇フロント・リヤLEDフォグランプ

◇電動パワーテールゲート(リモコン式オートバックドア)

◇アウタードアハンドル(グロスブラック仕上げ)

◇電動格納式リモコンサイドドアミラー(サイドターンランプ付き&グロスブラック仕上げ)

◇ルーフレール(ブラックペイント仕上げ)

◇エクストリーマーX専用防水シート(ブラックのみ)

◇フロント電動パワーシート(運転席・助手席)

◇フロントシートヒーター

◇後席左右シートヒーター

◇ステアリングヒーター

◇パーソナルドライビングポジションメモリー(運転席のみ)

特別仕様車X エクストリーマーXのボディカラーやメーカーオプションは?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!