2018年モデル・ホンダ「シビック・タイプR」のエキゾーストサウンドは抑え気味?そのサウンドを動画にて【動画有】

2020-05-27

2018年モデルとして登場予定のホンダ「シビック・タイプR」の新たな画像とエキゾーストサウンドを確認できる動画が公開に。

まずは今回公開されている上の画像においては、かなりスポーティな印象を受ける大型リヤウィングはもちろんのこと、リヤバンパーとリヤディフューザーの造形が非常に複雑化しており、これまで中々見られなかった攻撃的な印象が今回のモデルにてしっかり確認することができますね。


また、以下の動画では「シビック・タイプR」のエキゾーストサウンドを確認することができますが、センター3本出し(中央は異径)マフラからのエキゾーストは、前モデルよりも流速10%、デシベル値を2dB向上させたとのことですが、意外にも大人しめのサウンドにも聞こえます。

ただ、今回のモデルにおいては、走行モードを「Comfort」「Sport」「+R」の3種類に変更することが可能のため、それぞれの走行モードによって大きくサウンドが異なるというのも、大きな特徴ともいえますね(特に最近スポーツモデルはこういった走行モードによってサウンドが異なることが主流になってきた)。


Referecne:autoevolution