オランダにて、全く同じカラーのトレーラーをけん引するランボルギーニ「ガヤルド・スパイダー」が登場

2020-05-26

オランダにて、鮮やかなブルーカラーのランボルギーニ「ガヤルド・スパイダー」に、何故か全く同じ色合いのトレーラーをけん引する姿が目撃に。


コチラの個体、トレーラーをけん引している理由としては、(当たり前のことですが…)「ガヤルド」に積載できるスペースがあまりにも小さいため、積載・運搬能力を高めるためにトレーラーをけん引させることで、実用性を高めたとのこと。

ただ、この個体にトレーラーをけん引させたからといって、仮に実用性が向上できたとしても、「ガヤルド」本来の加速力は発揮できないため、そういった意味ではスーパーカーの個性を完全に捨てた個体のように思えますし、なぜ敢えて「ガヤルド」というスーパーカーにて「積載量」という要素を求めたのかは不明。

ただ、街中にて走行した際の人気度は非常に高いとのことで、実用面以外にも、「スーパーカーにトレーラー?!」というあまりにも非現実的な要素と個性が、実はしっかりと発揮できていたのかもしれませんね。

Reference:autoevolution

関連記事:これは珍しい。VW「ビートル」+トレーラー(リヤウィング付)を車高短仕様にする猛者が登場【動画有】

日本にて、フォルクスワーゲンのコンバーチブルモデルとなる「ビートル」を車高短仕様にするだけでなく、更には、「ビートル」がけん引するトレーラーまでもがオーバーフェンダー+極太ホイール(WORK MEISTER M1 9j-18)+車高短仕様というバッキバキのカスタムモデルで登場。

このカスタム「ビートル」は、外装はシンプルなホワイトカラーに身を纏いながらも、ディテール部にブルーのアクセントを追加。インテリアシートもオールブルーとなっており、まるでハワイアンを意識したかのようなデザインとなっています。

しかし、それ以上にバッキバキなのが、「ビートル」がけん引するトレーラーで、こちらにはまさかの大型リアウィングが装着済み。
おまけに、「ビートル」より大口径かつ極太ホイールが装着され、オーバーフェンダーまでもが装着。

もちろん、こちらのトレーラーにもホワイトのボディカラーをベースにブルーのアクセントを加え、統一感を持たせていますが、ここまでとことんこだわった車両を目撃したのは初めてですし、海外ではこういったカスタムモデルを目撃することはまず無いため、ある意味希少なカスタムカーなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう