オーストラリア初のリバティーウォーク(LB)仕様。パープルカラーのランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」が目撃に【動画有】

2020-05-26

以前、アメリカにて開催されたチューニングカー専門のイベント「SEMAショー2015」にて、一際異彩を放っていたいのがリバティーウォーク(LB Performance)。
その中でも更に大きく目立っていたのが、パープルカラーのランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」なのですが、この個体は、オーストラリアで初めてリバティーウォーク(LB)仕様の個体としてチューニングされたモデルとなります。


ボディカラーはド派手なパープルカラーとなっており、インテリアはレッドをメインとしたブラックのストレートラインとランボルギーニロゴの刺繍も施されていますね。

ボディ周りには、カーボンファイバ製のフロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザーが装着され、そしてLBの特徴ともいえる外付けオーバーフェンダーはボディカラーと同色で音前仕様のリベット留め。
カーボンファイバ製リヤウィングも同様にボルト止めとなっています。

ホイールはゴールドカラーのFogiatoデザイン。
恐らくサイズとしては22~23インチと思われますが、恐らくこれだけのド派手デザインはオーストラリアに留まらず世界でも類を見ないワンオフモデルと思われますね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう