入れるな危険!レンタカーの返却前にガソリンではなく水を入れる女性→あっけなく逮捕【動画有】

2020-05-26

海外にて、レンタカーの燃料タンクに大量の水を投入するという、とんでもウーマンが登場。
過去これまで、レンタカー会社から車をレンタルした際の問題やハプニング(主に事故)は多数発生していましたが、レンタカーを返却する前に燃料ゲージを少しでも上げようとするため、燃料タンクに水を継ぎ足すという、あまりにも危険すぎる行為は聞いたことがありませんでした。


彼女が水を投入している個体は日産「マーチ」で、必要な燃料はもちろんガソリン。
なぜ、ガソリンではなく水を投入しているのかは不明ではあるものの、もしかすると現地(恐らくブラジル)の燃料価格が相当に高額で、その代わりとして低価格の水を投入しているのかもしれません。

しかし、ガソリンタンクに水を投入すれば、タンク内に錆の原因を作ってしまい、水抜きはもちろん難しく、自動車整備工場にて緊急処置をしない限り、最悪の場合、走行不可レベルになるほどの致命的なダメージを受ける恐れがあるため、今回の策はあまりにもリスク・代償が大きすぎるといっても過言ではないですね。

水を投入後、「マーチ」が一体どのような結末を迎えたのかはわからないものの、不正に水を投入した女性は逮捕される結果に。
っというのも、こちらの女性は過去に何度も複数異なるレンタカー会社から借りた車に大量の水を投入する常習犯であることが判明し、過去には車体を故障させるも、車をレンタルする際に全くウソの住所を記載していたことから、多数のレンタカー会社が相当に頭を抱えていたとのことです。

Reference:motor1.com