シボレー「コルベットC7 ZR1」のエンジン・コードネーム「BAS」って何の略?→意外と適当だった件

2020-05-26

以前発表されたシボレーのハードコアモデル「コルベットC7 ZR1」ですが、この個体に搭載される排気量6.2L LT5のイートン製V型8気筒スーパーチャージャーエンジンについて、以前はツインターボエンジンの搭載が期待されましたが、今回はOHV→DOHCタイプのスーチャ―エンジンへと置き換えされました(ツインターボモデルは次期「コルベットC8」にて搭載予定)。
そんなV8エンジンについて、シボレーのエンジニアは「LT5」を搭載することをリークさせないために、様々なコードネームを検討したとのこと。


コルベットを開発のチーフエンジニアであるTadge Juecther氏は、Automotive Newsにて、「BAS」や「コルベットZR1(そのままかい)」といったコードネームを検討していましたが、その中でも「BAS」は、GMのディーゼルエンジンとして使用されるベルトオルタネーターシステムの略称と騙すことができると考え、本格的にこのコードネームを採用することに。

しかし、実際には「ベルトオルタネーターシステム」という名称ではなく、何故か「ビッグAスーパーチャージャー」という単純すぎる略称であったとして、この名称は”コルベットを開発する人物”しか知ることができなかったとのこと(結果として”LT5″というエンジンを使用することはギリギリまで誰も知ることは無かった)。

ちなみにLT5は、LT4の過給器と比較して、52%パワーアップし、95mmのスロットルボディ、デュアル燃料システム、2エンジンコントローラ、高強度合金製カスタムクランクシャフトといった追加機能を設けており、これらのコンポーネントを設けることで、最高出力765ps、最大トルク968Nmを発揮、更には最高時速337km/h以上とスーパーカー顔負けのスペックを持つことが可能となりました。

【関連記事】
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ
シボレー「コルベットC7 ZR1」の注文書類が公開に。書類数は249枚、一部オプションも公開

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう