遂に来た!テスラ「ロードスターⅡ」がテスト走行、しかもスタートダッシュのおまけ付【動画有】

2020-05-26

スポンサーリンク

本日、テスラの最新モデル「ロードスターⅡ」のプロダクションモデルが、アメリカ・カリフォルニア州のパロアルトにあるテスラ本部にて展示されていると紹介しましたが、今回早くもそのプロトタイプと思われるモデルがサンフランシスコ郊外のフリーモント工場近くにある、テスラのテストトラック場にてテスト走行しているところをキャッチされています。
昨年の11月16日に発表されたばかりの「ロードスターⅡ」ですが、0-100km/hの加速時間が僅か1.9秒以内と、市販車両最速モデルと言われるほどのスペックを持つも、最終生産モデルは、更に1.9秒よりも速い記録になるかもしれないとの情報も得られているみたいです。

スポンサーリンク

なお、今回この動画を公開したShehryar Khanと呼ばれる男性、ワインレッドカラーの「ロードスターⅡ」を目撃するや否やかなりの興奮状態となっています。
しかも、「ロードスター」が一旦停車するのですが、ブレーキ鳴きがかなり響き渡りますね。

一旦停車後、そのままゆっくり徐行して加速していくのかと思いきや、フルスロットルで加速していく「ロードスターⅡ」。
これを撮影するShehryar Khanも更に声を大きくし大興奮。
0-100km/h加速時間1.9秒となる「ロードスターⅡ」の加速サウンドは、やはりEVモデルだけあってかなり静か。そのサウンドが何とも不気味ではありますが、その加速力は驚異的なものがあり、ローンチコントロールも施されているのかほとんど空転していないのも驚きですね。

まだまだ市販化には程遠いといわれる「ロードスターⅡ」ですが、今後もテスト車両を目撃するケースが多くなると思われますし、近日中にどこまで性能が明らかとなるかも非常に気になるところではあります。


【関連記事】
テスラ「ロードスターⅡ」のプロトタイプモデルが登場。ほぼこのスタイルで市販化へ(2018/2/17投稿)
テスラ「ロードスター」のコンフィグレータが公開に。ボディカラーは意外にも豊富な12色をラインナップ(2017/11/27投稿)
EV最強モデル・テスラ「ロードスター」とブガッティ「シロン」のデータ比較が話題に。「シロン」大丈夫か?(2017/11/21投稿)
早くも登場。テスラ「ロードスター」をシューティングブレーク風にしたら?というレンダリング画像が公開に(2017/11/18投稿)
世界最強EVがここに。テスラ・新型「ロードスター」が突如として登場、0-100km/hは1.9秒、航続可能距離は1,000kmだ(2017/11/17投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう