億超え当たり前のフェラーリ「F40」が64万円にて販売中?!但し、レプリカだけどね!

2020-05-26

スポンサーリンク

かなりお買い得な「F40」が登場

フェラーリのスペチアーレモデルで、今現在の中古車市場では2億円超えは当たり前の「F40」が、中古車サイト・Craigslistにてまさかの約64万円にて販売中。
かなりお買い得ともいえるこの個体ですが、実はコレ、日産「セントラ」をベースにしたレプリカ版で、公道での走行は可能ではあるも低排気量の直4エンジンのため走りは普通。

外観は製作者の強いこだわりのもと、「F40」を忠実に再現すべくFRPをフル活用。
大型リヤウィングやリヤテールランプ、センター3本だしマフラ等、「F40」の特徴をうまく捉えてはいるものの、やはりそのサイズ感にはかなりの違和感がありますね。

スポンサーリンク

細かく見ていくと完成度は…

よ~く確認してみると、リヤバンパーに設けられたマフラ専用の穴がワイド過ぎたのか、マフラが左寄りになっているのがわかりますね。

サイドから見るとこんな感じ。
「ハイリフト版F40?」といわんばかりに車高がかなり高く設定されています。
特にリヤタイヤとリヤフェンダーとのクリアランスは感動レベル。
これだけの高さがあれば、どこにでも行けそうです。

ちなみにフロントデザインはこんな感じ。
フロントヘッドライトのハウジング部分やリトラクタブルヘッドライトの完成度はイマイチですが、形だけでも十分な仕上がりですね(製作者は本当に「F40」が好きなんだと思う)。

フロント・リヤのカウルはこんな感じでオープン。
エンジンはさすがにリヤミドシップにマウントすることができず、フロントにマウントしたままとのこと。

インテリアは少々やっつけ感が…

インテリアはこんな感じ。
切って貼った感は強いですが、可能な限り軽量化には務めているのだとか。

シートはこんな感じで完全オリジナル。
ヘッドレスト部分には”Ferrari”の刺繍と空洞が設けられていますが、これも全て手作り(後席は排除したためかなり汚れていますが、一応2シータ仕様にしているみたい)。

☆★☆レプリカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

レプリカ史上最も高い完成度と情熱。このランボルギーニ「アヴェンタドール」は何をベースにしてる?【動画有】(2018/6/2投稿)
この変貌を見よ!ロシアにて、ランボルギーニ「レヴェントン」のレプリカが販売中、ちなみに中身は?(2018/5/20投稿)
ロールスロイス「ファントム」のレプリカ&アイアンマン仕様が90万円に販売中。ところで、ベースモデルは何?(2018/5/17投稿)
途中で諦めた?未完成状態のブガッティ「ヴェイロン(レプリカ)」が約45万円にて販売中(2018/5/10投稿)
何この完成度。見た目はフェラーリ「250GTO」、中身は日産「ダットサン」のレプリカ車両が販売中(2017/11/7投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう