パガーニ「ウアイラBCロードスター」の開発車両が久々に登場。開発は若干遅れ気味で春以降に登場か【動画有】

2020-05-27

「ウアイラBCロードスター」の開発車両が久々登場

イタリアの高級自動車メーカで、常に少量且つワンオフモデルを製作し続けるパガーニのハイパフォーマンスオープンモデル「ウアイラBC(Benny Caiola)ロードスター」の開発車両が目撃されています。
まだまだカモフラージュ分厚めではありますが、トップルーフのスタイリングベースは「ウアイラ・ロードスター」になると思われ、おそらく、これまで登場してきた中で最も速く、最も攻撃的なデザインなり、クーペモデルよりも軽量化(-80kgぐらい?)されると思われます。

▽▼▽関連記事▽▼▽


開発は若干遅れ気味、性能は史上最強に

現在、パガーニ「ウアイラBCロードスター」の開発は若干遅れ気味になっているとのことで、2019年春以降(4月~6月頃?)になると言われています。

開発車両を確認する限りでは、クーペとほぼ同じとなるカーボンファイバ製リヤウィングを備え、アグレッシブなリヤディフューザー、センター4本だしマフラ、リムーバブルハードトップ、三眼式のリヤテールランプを確認することができますが、恐らくトップルーフはハードトップではなくソフトトップになると予想(ウアイラ・ロードスターと同じ?)。

フロントについては全く確認はできないものの、フロントフェンダー付近にカーボンファイバ製カナードやスプリッタが設けられ、空力特性の向上に加えてレーシングモデル並みのクレイジーなスタイリングになることは概ね予想できそうです。

気になるパワートレインについてですが、排気量6.0L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載する最後の内燃機関モデルになることが予想され、最高出力はパガーニ史上最強の800ps以上を発揮することが期待されています。
車体重量は1,199kg以下、パワーウェイトレシオ比は1.5kg/ps以下になると思われます。
生産台数については20台に制限されますが、すでに完売状態で、半数以上がオーナーの好みに合わせたワンオフモデルになることが決定しています。
価格は約2.8億円程になると思われます。

☆★☆「ウアイラBCロードスター」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう