BMW「3シリーズ」を含む30車種10万台以上の大規模リコール。ワイヤハーネス不具合で火災の恐れアリ

2020-05-27

BMWに火災発生の恐れのあるリコール

自動車ニュースサイト・Responseより、BMW「3シリーズ」を含む計30車種にリコール。
リコールの内容としては、エアコンに接続するワイヤハーネスに不具合があるとのことで、エアコンのブロワーファンレギュレーターへ電力を供給するワイヤーハーネス端子のメッキ素材が不適切なために車両振動によってメッキが損傷し、摩擦腐食が発生することがあるとのこと。
そのため、電気抵抗が高くなりワイヤーハーネス端子が発熱し損傷して、最悪の場合、火災に至るおそれがあるとしてリコールを発令。


車種は30種、台数は10万台超えの大規模リコール

リコールの対象となるのは、2004年11月24日~2011年12月1日に輸入された「320i/320iツーリング/320iクーペ/323i/325i/325Xi/325iツーリング/325iクーペ/330i/330Xi/335i/335iツーリング/335iクーペ/335iカブリオレ/M3セダン/M3クーペ」、BMWアルピナ「B3ビターボ/B3ビターボ・クーペ/B3ビターボ・カブリオレ/B3ビターボ・ツーリング/B3ビターボ・ツーリング4WD/B3Sビターボ/B3Sビターボ・クーペ/B3Sビターボ・カブリオレ/B3Sビターボ・ツーリング/B3Sビターボ・ツーリング4WD/D3ビターボ/D3ビターボ・クーペ/D3ビターボ・ツーリング」30車種で、計100,768台がリコールとなります。

改善措置として、全車両、、ワイヤーハーネスを対策品に交換する、もしくはブロワーファンレギュレーターに不具合のあるものは新品に交換する、といったリコール作業を行うとのこと(不具合0件・火災事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

日産「ノート/リーフ」など不正検査のにより計14万台以上にリコール。併せてメルセデスベンツ「Eクラス」も(2018/12/14投稿)
マセラティ「ギブリ/クアトロポルテ」にリコール。生産中に異物が混入してしまい火災の恐れアリ(2018/12/12投稿)
ランボルギーニ「ガヤルド」にリコール。各種警告灯が点灯せず、最悪の場合火災の原因になる恐れアリ(2018/12/8投稿)
レクサス「LS500」にリコール。ECUの不具合によりエンストする恐れアリ、既に不具合3件発生(2018/12/6投稿)
トヨタ「ブレイド/カローラフィールダー」やスバル「WRX S4」用パーツにリコール。燃料漏れによる異臭や保安基準不適合の恐れ(2018/11/30投稿)
BMW/MINIのディーゼルモデルに5万台超えのリコール。排ガス再循環装置不具合で火災発生の恐れアリ(2018/11/28投稿)
フィアット「500X」/ジープ「コンパス」等にリコール。リヤシートが突然倒れる、オートクルーズが解除できない恐れ有り(2018/11/26投稿)
ロータス「エヴォーラ」にリコール。僅か40台ながらも2018年に製造されたモデルが対象に(2018/11/24投稿)
アウディ「R8/A4/A5」含む19車種以上やメルセデスベンツ「Eクラス」にリコール。オイル漏れで火災発生、シート不具合でエアバッグが展開する恐れあり(2018/11/22投稿)
スズキ「ワゴンR/ハスラー」等に計120万台超えの大量リコール。電動パワステやエンジンベルト、補助電源モジュールに不具合有り(2018/11/15投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう