トヨタ「カローラ・スポーツ」にスポーツホットハッチモデル”GR”の追加を検討中。VW「ゴルフGTI」に匹敵する過激モデル?

2020-05-27

「カローラ・スポーツ」ベースのGRモデルが登場する?

トヨタは主要ハッチバックモデルとなる「カローラ・スポーツ」をベースに、更なるコアなライバルが登場するホットハッチモデルの開発の検討を進めていることがわかりました。
トヨタ・オーストラリアによれば、「86/スープラ」の開発に携わっている多田哲哉 氏がGazoo Racingパフォーマンスサブブランドの中で、最も実績を作りだせると考える一台が「カローラ・スポーツ」であるとコメントしており、現在早急に「カローラGR」の発売の検討を進めているとのこと。


ライバルはかなり強力。トヨタはやはり品質で勝負か?

このモデルは、現在様々な国のユーザーより要望を受けた特別な一台であるとして、どのような仕様にて設計を進めていくべきなのか、どのようなスペックとすべきなのかを悩ませているのだとか。
しかも、「カローラGR」が市販化するともなれば、同じホットハッチ市場に君臨する現代自動車「i30 N」やフォルクスワーゲン「ゴルフGTI」が強力なライバルになるとして、他の追随を許さない徹底した品質とハイパフォーマンスを実現できる一台にするには、相当にハードルが高くなると予想されます。

今回の新型で第12世代となる「カローラ・スポーツ」ですが、今でも十分すぎるぐらいにアグレッシブな顔つきとなりましたが、GRブランドでは更にアグレッシブでスポーティなフロントデザインを作りだすことになるでしょうし、空力特性を考慮したボディやスポーティなアルミホイール、そして専用サスペンションをインストールすることで車高が低くなり、乗り心地も大きく変化してくると思われます。

パワートレインについては、上記の通り未だ検討レベルではありますが、直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力250hp~300hpになることが期待されています。
発表時期についてはまだまだ不明ですが、噂ではこの2~3年以内に登場するのでは?言われています。

☆★☆「カローラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう