何コレカッコいい!マツダ・新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」にMPSモデルが登場したら?というレンダリングが公開

2020-05-27

マツダが開発しないはずの”MPS”。新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」ではこうなる

今週末よりいよいよ情報がほぼ解禁されるマツダ・新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」ですが、この個体をベースにしたハイパフォーマンスモデルMPS(マツダ・パフォーマンス・シリーズ)が登場したら?というレンダリングが公開されています。

MPSモデルについては、マツダCEOである丸本明 氏からも正式に開発しないことを発表していますが、やはりそれでも”登場したら?”というレンダリングが公開されると非常に注目度が高くなるのも不思議なところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


意外と登場しそう。発売したら売れる可能性大

ちなみに今回のレンダリングをチェックしていくと、フロントエンドグリルは従来通りですが、フロントロアグリルからエアインテークにかけて新たなデザインが施され、ブラックの部分が加味されたことから、より一層のスポーティさが向上しています。
足元については、とんでもなく低扁平なタイヤと大口径アルミホイールを装着し、ブレーキキャリパはレッド系で非常にスポーティに仕上がっています。

サイドミラーキャップやトップルーフもスポーティさを強調するためにブラックアウト化され、全体的に引き締まりの強い一台になっていますね。これはかなりカッコよくて好み。

ちなみに、今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのX-Tomi Design氏で、既存モデルの派生版等を数多く手掛けるプロフェッショナル。
今回のような世界が注目する新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」にもしっかりと焦点を絞っていたようで、しかしまさかMPS仕様のレンダリングを作成してくるとは思いませんでしたね。

マツダはやっぱり新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」のMPS仕様を発売する気はないようだ

先ほども上記にも挙げましたが、丸本氏によれば「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」のハイパフォーマンスモデルMPS開発計画の優先順位は限りなく低く、将来的にもパフォーマンスモデルを展開していく考えがないことを説明しています。
丸本氏の考えとしては、ますます競争の激しい世界での販売を追いかけるのではなく、欧州人が提供するプレミアム代替品として地位を確立することを望んでおり、そうするためにはそのモデルの品質や快適性、洗練性の向上に焦点を当てていくとのこと。

なお、「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」のMPS仕様は2006年に登場しており、「マツダスピード・アテンザ(Mazda6 MPS)」に次ぐ第二弾モデルとして大きな注目を集めました(欧州やオーストラリア、ニュージーランドでは「Mazda3 MPS」、日本では「マツダスピード・アクセラ」、北米では「Mazdaspeed3」として発表)。
パワートレインは、排気量2.3L MZR DISIターボエンジンを搭載し、最高出力264ps/最大トルク380Nmを発揮する過激なスポーツモデルとなります。

☆★☆新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:X-Tomi_Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう