【まだまだ出てくる…】あおり運転&暴行を加えた宮崎文夫 容疑者が過去に社用車であるポルシェ「カイエン」にてあおり運転を行っていた動画が公開!【動画有】

2020-05-27

~BMWの新型ホワイトSUVだけでなく、ポルシェの旧型ブラックSUVでも煽り運転~

先日より大きな騒ぎとなっている茨城県・常磐自動車道での煽り運転&暴行により、傷害の容疑で全国指名手配となっている宮崎文夫 容疑者ですが、現在も行方不明なままとなっており、同乗していた女性の顔や実名も明かされないままとなっています。

ただその一方で、宮崎文夫 容疑者は過去から煽り運転の常習犯であることも明らかになっているそうで、過去(2019年1月)に容疑者が社用車として所有していたポルシェ「カイエン」での煽り運転の被害を受けた人物が、実際の動画を公開し大きな話題となっています(上の画像は、先日追突事故を受けた際にインスタグラムにて、宮崎文夫 容疑者が投稿した画像。ナンバーは「三重331 ち 92-92」)。


~一体どのような煽り運転を受けていた?~

運転者の情報によれば、運転している場所は大阪の名神高速道路で、吹田付近を走行していたときのこと、三車線あるうちの一番右側を走行し、追い越しを掛けていきます。

追い越しをかけたあと、追い越し車線から2車線目へと車線変更しようとした瞬間!

例のブラックのポルシェ「カイエン」が追越し車線から一気に2車線目の走行車線へと変更していきます(ナンバーも「92-92」)。

2車線目に移った瞬間、後続には複数の車両が走行しているにも関わらず、急ブレーキで撮影車両に煽りをかけていきます。

このあと、停車するレベルまで一気に減速していますが、さすがに2車線目のど真ん中で無理やり降ろして暴行を加えるところまでは無かったにしても、これはかなり恐ろしい体験だったのではないかと思います。

なお、この「カイエン」を運転していた人物が本当に宮崎文夫 容疑者であったかどうかは不明ですが、この後も複数の車両にも煽り運転を加える程の異常な行動をとっていたそうで、普段からこうした常習的な煽り運転を行っているというのはかなり信憑性は高いかもしれませんね。
1日でも早く捕まってほしいところです。

☆★☆煽り運転関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう