(印)スズキ「アルト」の後継モデル・新型「エスプレッソ(S-Presso)」の中間グレードがまさかのリーク。もうこれ以上は漏らさないで!

2020-05-27

~一体どこまで漏れたら気が済むの「エスプレッソ」?~

インド市場を拠点とするマルチ・スズキより、9月30日に発表・発売される「アルト」の後継モデル・新型「エスプレッソ(S-Presso)」ですが、今度は最も安価と言われているベースグレードのプロダクションモデルが完全リークしています。

過去これまで、フロント・リヤデザインや主要緒元、エンジン規格、グレード内容、そして価格帯についてほぼすべてがリークされてしまったため、新鮮味が無くなったしまったことはもちろん、「もうさすがに漏れるものはないだろう…」と考えていたら、まさかの中間グレードLXiがリークでしたか…

おそらくインドメディアも、今回の新型モデルはかなり注目しているものと思われるため、可能な限りリークできるものはリークさせてくるのではないかと予想しています(そうなると次はベースグレードStdや上位グレードVXi/VXi+もリークされるかも?)。


~中間グレードはどのような装備が施される?~

早速、改めてリークされたエントリーグレードの「エスプレッソ」を見ていきましょう。
ボディカラーとしてはブルーに身を纏い、樹脂ホイールキャップを装着していない鉄チンホイールを装着し、フロントやリヤにはブラックのバンパーを装着、そしてボディカラーと同色のBピラー、ブラックのドアハンドルが確認できますね。

ちなみに、ベースグレードのStdには、ABSやドライバーサイドエアバッグ、リヤパーキングセンサー、シートベルトリマインダー、デジタルスピードメータ、スピードアラートシステムが標準装備されます。

続いて中間グレードとなるLXiでは、Stdの装備内容に加えて、エアコンやパワーステアリングを追加し、更に上位グレードのVXiでは、キーレストンリーやBluetooth接続を備えたマルチ・スマートプレイ・ドックオーディオシステム、フロントパワーウィンドウ、ボディカラーバンパー、樹脂ホイールキャップが標準装備。

そして、上位グレードとなるVXi+では、フロンとパッセンジャーエアバッグや音声認識、ステアリングコントロール、リヤパーセルトレイ、7インチスマートプレイスタジオインフォテイメントシステム、専用アルミホイールが標準装備されます。

~その他のボディサイズやエンジン規格、価格帯もおさらいしておこう~

なお、「エスプレッソ」のボディサイズは、全長3,565mm×全幅1,520mm×全高1,564mm、ホイールベース2,380mmというサイズ感となり、競合モデルとなるルノー「クウィッド(Renault Kwid)」に比べると全長-114mm短く、全幅-59mm狭く、全高は+86mm高く、そしてホイールベースは-42mm短い、ちょっと昔ながらのクロスオーバースタイルとなっていますね。

最低地上高については180mmと同じ高さとなり、燃料タンクは27リットル、タイヤサイズは165/70 R14と14インチの非常にコンパクトなホイールを装着することが分かっています。

パワートレインについてですが、大きくは4種類のガソリンエンジンがラインナップされるそうで、ディーゼルエンジンはラインナップされないとのこと。
その中で一番最初にラインナップされるエンジンは、排気量1.0L K10B型直列3気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力68ps/5,500rpm、最大トルク90Nm/3,500rpmを発揮。

価格帯としては、約55万円~約67万円にて販売されるとのことで、競合モデルとなるルノー「クウィッド」の約40万円~よりも若干高額ではありますが、その分デザイン性や品質面にてカバーしてくるものと思われます。

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:InidianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう