テスラ「モデルS」がポルシェ「タイカン」のニュルブルクリンク最速記録を更新!おまけにバッテリもすぐに切れてしまうので充電設備も作っちゃった!【動画有】

2020-05-27

~テスラ「モデルS」がポルシェに宣戦布告。「タイカン」が遂に本気を出すか~

ポルシェは以前、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにおいて、4ドアEVセダンとしては最速となる7分42.34秒をマークしたばかりですが、早くもアメリカの電気自動車メーカ・テスラが、同じ4ドアEVセダンとしてラップタイムに挑み、その結果として7分20秒というとんでもない記録を更新していたことが判明しました。

今回テスラがラップタイムを行った「モデルS Plaid」というプロトタイプモデルは、ガムテープにて固定された即席リヤウィングと、万が一4ドアEVセダンとしてラップタイムを更新できなかったときの保険として、リヤトランクルームにエマージェンシーシートを2席追加することで、7シータEVセダン最速という記録を打ち立てるというシナリオだったそうですが、そういった心配事は一切必要なかったようで、今後更なる改良を加えることで7分5秒という記録を生み出すことも可能になることを明らかにしました。


~ポルシェはまだ隠し玉を持っている~

上のテスラ公式ツイッターでもツイートしており、来月10月末頃には、更に「タイカン」の記録を引き離す準備が進められています。

なお、テスラがこうした準備を進めている背景には、先日「タイカン」がラップタイムを樹立したモデルが、エントリーグレードとなる「タイカン・ターボ」であったため、これよりも更に強力なグレードである「タイカン・ターボS」であれば、7分20秒という記録を簡単に打ち破ってくる恐れがあるとして、その対策を進めていると言われています。

ただ、この記録を生み出すことはそう簡単なものではなく、おまけにバッテリ容量もかなり食ってしまうため、ニュルブルクリンクに許可を得て、テスラ専用の充電施設も作ったそうです。
今後はガソリンモデルだけでなく、電気自動車のニュルブルクリンクラップタイムも競われることは間違いないので、テスラはそういった準備には一切抜かりがないなぁと改めて思いますね。

【Industry-Pool Prototype / Erlkönige 18.09.2019 Nürburgring Nordschleife】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS