トヨタ「(200系)ランドクルーザー」のチープ&コピー版が中国に登場→確かに価格帯は抑えているものの想像以上に売れていない件

2020-05-27

~あの「ランクル」のコピー版はどうなっている?~

以前、トヨタのフラッグシップSUVモデル「ランドクルーザー・プラド(Toyota Land Cruiser Prado)」を見事にコピーした廉価版が、Hengtian Automobileブランドから誕生した「L4600」をご紹介しましたが、このモデルが2019年初めより既に販売スタートしていたことが判明。

正式な価格帯については明らかになっていないものの、中国市場では「ランクル200」のチープ&コピー版という扱いになっているらしく、大排気量エンジンを搭載しながらも約200万円台で購入できるとのことから、当初は大きな注目を浴びていたのですが、その品質面や走行性能面であまり高い評価が得られておらず売れ行きは不振な状況が続いているそうです(元々年間10万台を販売するとの目標がありました、現在は10分の1にも満たない売上になっている)。


~見た目だけでなく中身の評価もそこまで高くない模様~

パワートレインについては、中国では間違いなく煙たがれるであろう大排気量4.6L V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力286hp、最高時速は196km/h、そして燃費は6.85km/Lというスペックのようですが、実際の街乗りでの燃費は3.0km/L未満とガソリン垂れ流しの状態であり、ユーザーからもクレームが殺到(カタログ燃費と実燃費は異なるので、この辺りは仕方ないと思うんですが…)。

走行性能においても、コーナリング時にアンダーが大きく出て危うく事故が発生しそうになるといった意見も多いようで、正直どこまで受け入れて良いのかはわからないものの、総合的に見ても評価はそこまで高くはないというのがわかりますね。

ただ、このモデルは5人乗り仕様と7人乗り仕様の何れかから選択が可能で、それぞれの価格帯も据え置きなので、ファミリー向けにはかなり適した一台であるとして、そういった客層からは評判が高いそうです。

☆★☆中国メーカ関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:Carsbase.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう