遂にホンダ「シビック・タイプR」が陥落。ルノー「メガーヌRSトロフィーR(Megane RS Trophy-R)」がニュルブルクリンクFF市販車最速の7分40.10秒にて更新【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~遂に「シビック・タイプR」の記録を打ち破った!~

以前より開発車両として度々目撃されていたルノー・新型「メガーヌRSトロフィーRプロトタイプ(Megane RS Trophy-R)」ですが、このモデルが先日ニュルブルクリンクにてラップタイムに挑戦したところ、ホンダ「シビック・タイプR」の持つFF市販車最速記録を更新していたことがわかりました。

今回新型「メガーヌRSトロフィーR」が更新したタイムは7分40.10秒で、以前まで最速記録を保持していたホンダ「シビック・タイプR」の7分43.80秒を3秒以上も速くクリアする結果となりました。

スポンサーリンク

~最速記録を更新した今、年内の販売はもちろん即完売は必至~

ただ、今回更新されたラップタイムの走行コースは、ノルドシュライフェの旧コース(周回20.6km)となりますが、新基準となる公式コースはもう少し難易度が上がり、周回距離もほんの少し増えての20.83kmとなるとのことで、その際の参考記録は7分45.38秒という結果となっています。

なお、今回このモデルにてラップタイムに挑んだドライバは、ロラン・ウルゴン氏で、5月24日よりF1モナコグランプリには、同車にてダニエル・リチャード氏とニコ・ハルケンバーグ氏がドライバを務めて参加することが決定しています。

新型「メガーヌRSトロフィーR」は、従来「メガーヌRSトロフィー」と同じエンジンユニットを搭載し、最高出力300psを発揮するも、車体重量は130kgも軽量化され、更には空力特性も向上しています。
今のところ販売台数や価格帯については明らかになっていないものの、恐らく2019年内には発表・発売されると思われます(多分ニュル最速の肩書を持っているため即完売は確実)。

【Renault Mégane R.S. Trophy-R 2019 Nürburgring Nordschleife lap record】

 

☆★☆「メガーヌ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう