ニュルで4ドアEVセダン最速記録を更新したテスラ。イーロン・マスクCEO「今度はロードスターでアヴェンタドールSVJの記録を更新してやる」と自信

2020-05-27

~4ドアEVセダンで最速記録を更新したテスラが調子に乗っちゃうぞ!~

アメリカの電気自動車メーカ・テスラは、先日ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、ポルシェ「タイカン(Porsche Taycan)」が樹立した4ドアEVセダン最速記録(7分42.34秒)を、「モデルS Plaid」にて20秒以上も速い7分20秒にて更新。

テスラは今後、更なるアップデートを施すことで近日中に7分5秒を目指すことを明らかにしていますが、更なるハイパフォーマンスモデル「ロードスター」にて、今度はランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」が記録したニュルブルクリンク市販車最速記録6分44.97秒を更新すると自信を示しています。


~ここまで来たらEVでニュル市販車最速記録を更新するしかない!~

テスラCEOであるイーロン・マスク氏によれば、「ロードスター」にて市販車最速記録を更新するシミュレーションはできているとのことで、あとはどのドライバを採用すれば良いか、どういったチューニングを施せば良いかというポイントだけのようで、記録を更新すること自体はそこまで難しいことではないとのこと。

テスラ「ロードスター」は、その名の通りオープン2ドアスポーツモデルで、最低でも3つの電動モータを搭載し、更には200kWhという大容量バッテリパックを搭載することで、システム総出力1,341hp/最大トルク1,200Nmを発揮。
更に直線のパフォーマンス性においては、0-100km/hの加速時間が僅か2.1秒と圧倒的な速さを見せ、ほんの一瞬で最高時速410km/hにまで到達するとのこと。

なお、気になる航続可能距離は1,000kgを実現するとのことから、パワフル且つ実用性にも富んでいるモデルは「ロードスター」のみとなり、更に価格帯においても約2,400万円と破格レベルのため、既に予約も殺到しているとのこと。

競合モデルとしては、パワートレインは大きく異なるものの、ブガッティ「シロン」やアストンマーティン「ヴァルキリー」、メルセデスベンツ「AMG One」、ランボルギーニ「シアンFKP37」、ロータス「エヴァイヤ」、リマック「C_Two」、ピニンファリーナ「バッティスタ」等が挙げられていますが、何れも全て億越えのハイパーカーということで、この辺りのコスト面ではテスラ「ロードスター」が圧勝していることがわかりますね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう