【価格は236.7万円から】マイナーチェンジ版・トヨタ新型「C-HR/C-HR GRスポーツ」が発表前にリーク!気になるウィンカーの点滅ポイントと流れるポイントはどこだ?【動画有】

2020-05-27

~まさかの発表前に盛大にリーク~

いよいよ本日10月18日より発表されるトヨタのマイナーチェンジ版・新型コンパクトSUV「C-HR」ですが、何とトヨタ静岡専用ホームページより発表前に完全リークしています。

また、今回のマイナーチェンジにより発売することが決定しているハイパフォーマンスモデル「C-HR GRスポーツ」も先行にてリークしており、そのアグレッシブなデザインが明確に公開されていますね。


~GRスポーツの顔つきは想像以上にアグレッシブだ!~

こちらが実際にリークしている新型「C-HR GRスポーツ」。
先日発表された新型「ヤリス(旧ヴィッツ)」同様に精悍な顔つきとなり、フロントヘッドライトのデザインやハウジング、そしてフロントバンパーがアグレッシブに変更されていることが確認できます(足元には19インチアルミホイールが装着)。

「C-HR GRスポーツ」では、排気量1.2L直噴ターボエンジンが搭載され、更にトランスミッションは6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)を搭載することで、iMTスイッチによりクラッチ操作やシフト操作が容易に行える非常に面白みあるユニットとなります。
もちろん、排気量1.8L+電気モータを組合わせたハイブリッド仕様もラインナップしているので、自分の好みに合ったタイプを選択できるのもグッドなポイントですね。

~気になるウィンカーはどこが点滅して、どこが流れるの?~

そして最も気になっていた新型「C-HR」のウィンカーですが、今回のマイナーチェンジによりフロントがシーケンシャル→点滅、リヤが点滅→シーケンシャルという謎の変更が施されています。
ちなみにフロントのウィンカーですが、LEDデイタイムランニングライト部分がターンするような形で点滅することが確認できますね。

一方のリヤウィンカーですが、確かに流れているようにも見えるのですが…パッとみた感じシーケンシャルの範囲は非常に短い上、どちらかというダイハツ新型「タント・カスタム」のシーケンシャルウィンカーにも見え、ちょっと安っぽく見えてしまっているのが正直なところですね(以下の動画でもチェック!)。

【C-HR インプレッション動画ダイジェスト篇】

~安全装備も非常に充実~

なお安全装備(Toyota Safety Sense)も非常に充実。
装備内容は以下の通りとなっています。

・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
・プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
・オートマチックハイビーム[AHB]
・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]【G、G-T(CVT)、S、S-T(CVT)にメーカーオプション】
・リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]【インテリジェントクリアランスソナーとセットで G、G-T(CVT)にメーカーオプション】
・ドライブスタートコントロール【ハイブリッド車、CVT車に標準装備】
・パノラミックビューモニター【全車にメーカーオプション】
・ブラインドスポットモニター[BSM]【G、G-Tに標準装備。S“GR SPORT”、S-T“GR SPORT”はドアミラー足元イルミネーションランプとセットでメーカーオプション】

~気になるグレード別の価格帯を見ていこう~

新型「C-HR」のグレード別価格帯は以下の通りとなっています。

[1.2Lターボ・ガソリンタイプ]
・S-T[6速iMT/FF]:2,367,000円
・S-T[Super CVT-i/FF]:2,400,000円
・S-T[Super CVT-i/4WD]:2,598,000円
・G-T[6速iMT/FF]:2,632,000円
・G-T[Super CVT-i/FF]:2,665,000円
・G-T[Super CVT-i/4WD]:2,863,000円
・S-T”GR SPORT”[6速iMT/2WD]:2,732,000円

[1.8L+電気モータ・ハイブリッドタイプ]
・S[2WD]:2,730,000円
・G[2WD]:2,995,000円
・T[2WD]:3,095,000円

【【C-HR】TVCM 赤い衝動篇 30秒】

【【C-HR】走行インプレッション】

☆★☆「C-HR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう