トヨタ「ランドクルーザー」やマツダ「CX-8」もライバル?中国メーカLDVが新型3列シートSUV「D90」を発表。価格は約390万円から

2020-05-27

~中国メーカが何やらクールなフルサイズSUVを発表したようだ~

中国の自動車メーカLDVが、フラッグシップSUVモデルとなる新型「D90」を発表・発売スタートしました。
このモデルは、3列シート7人乗り仕様の大型SUVで、トヨタ「ランドクルーザー」やマツダ「CX-8/CX-9」、フォード「エベレスト」、そしていすゞ「MU-X」といった人気SUVを競合とした一台となります。


~発売したばかりなのに早くも値下げもスタート~

またLDVは、今回発表された新型「D90」を早くも従来価格から値下げすることも発表していて、エントリーモデルが約11万円値下げ、上位グレードモデルExcutiveが約33万円値下げと結構思い切ったことを行っています。

気になるパワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力224ps/最大トルク350Nmを発揮。
トランスミッションは6速ATのみで、駆動方式はベースグレードが後輪駆動(FR)のみ、最上位グレードのExecutiveは後輪駆動(FR)を標準としつつ、四輪駆動(AWD)をオプションにて設定しています。

~グレード別の価格帯と装備内容を見てみよう~

グレード別の装備内容と価格帯についてですが、エントリーグレードが約390万円からの販売となり、標準装備内容として18インチ合金ホイールやチルト調整のみのステアリングコラム、フロントシートは手動調整式となっています。

そのほかの機能性においては、6スピーカーオーディオシステムや、12インチタッチスクリーンインフォテイメントシステム、自動緊急ブレーキ、雨滴感知ワイパー、キーレスエントリー、ブラインドスポットモニター、パーキングセンサー、タイヤ空気圧監視システム、リバースカメラ等が標準装備された豪華仕様となります。

一方で上位グレードのExecutive(後輪駆動モデル)になると、価格は約433万円からとなり、19インチアルミホイールや8way式パワーシート、チルト&テレスコピックステアリングコラム、本革巻きステアリングホイール、サンルーフ、フロントシートのみキルティングレザー、そして2列目以降は従来のレザーシートが標準装備となります。

そして最上位グレードとなるExecutive(四輪駆動モデル)になると、価格は約476万円と跳ね上がりますが、基本的な装備内容は後輪駆動モデルと同じとなります。

☆★☆中国メーカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Caradvice

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう