フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「シティ(日本名:グレイス)」の外観とインテリアがリーク?ステアリングやセンターコンソール等は新型「フィット4」がベースとなる?

2020-05-27

~まさかこれが新型「シティ」に?~

いよいよ来週11月25日に世界初公開されるホンダのフルモデルチェンジ版・新型Bセグメントセダン「シティ(日本名:グレイス)」と思われるイメージデザインが公開されています。
ちなみにこのイメージデザイン、インドの有名デザイナーがこれまでに目撃された開発車両をベースにしたレンダリングとのこと。

タイ市場やマレーシア市場でも発売する予定となっている新型「シティ」ですが、改めてレンダリング画像を見ていくと、前回のブログでもご紹介した通り、同社フラッグシップセダン「アコード(Accord)」やスポーツセダン「シビック(Civic)」を想起させるようなアグレッシブなフロントフェイスになることが予想されますが、ボディカラーと同色のバンパーの面積も多く、どちらかという親しみを高めたセダンにも見えますね。


~スタイリングとしてはファミリー層を意識した”こんもりセダン”~

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
非常にコンパクトなボディでありながらも、クーペ風セダンとは異なるファミリー層を意識したようなこんもりとしたフォルムは中々に評判が高そう。
足もとのホイールもマルチスポークタイプでラグジュアリー感が演出されていますし、このまま市販化されればかなり注目を浴びる一台ではないかと思いますね。

リヤデザインはこんな感じ。
少し反り上がったトランクスポイラや大きなC字形状のリヤテールランプ、そしてブラックのフレームに囲まれたバックランプ等、全体的にメリハリのあるスタイリングに仕上げられていますね。

~その他予想されるボディカラーラインナップは?~

ちなみにこちらがボディカラーを変更した新型「シティ」のレンダリング。
ダークルビーレッド・パールと呼ばれるパープルとピンクの中間色。

こちらは定番となるルナーシルバー・メタリック。

そしてこちらがモダンスチール・メタリック。
グレー系で引き締まったボディラインが美しいですね。

~インテリアはほぼ新型「フィット4」を流用か?~

こちらはインテリアデザイン。
インテリアレイアウトはフルモデルチェンジ版・新型「フィット4」がベースになっているそうで、2スポークタイプの多機能ステアリングやデジタルダッシュボードはもちろんの事、センターには9インチ程のナビゲーションディスプレイが搭載され、センターコンソールにはホワイトプレートを装着したシフトノブ、そしてその手前には電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドスイッチが搭載されていますね(っというかほぼ新型「フィット4」のような気が…)。

パワートレインについては、タイ政府のエコカーフェーズ2計画に合わせて、排気量1.0L 直列3気筒VTECターボエンジンを搭載されるとのことで、最高出力122ps/5,500rpm、最大トルク200Nm/2,000rpm~4,500rpmを発揮し、トランスミッションはCVTのみをラインナップし、燃費性能も33%向上するとのこと。

安全装備Honda SENSINGについては、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や早期警報ブレーキシステム(CMBS)、フロント衝突防止警報システム(FCW)、車線維持支援システム(LKAS)といった先進装備が標準装備されるとのことです。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう