中国メーカ・Hanlong Autoが発表した新型「Hunkt Canticie」がランドローバーとアウディをモロにパクッていた件。これはさすがに訴えられたら勝てない…

2020-05-27

~これは流石にランドローバーやアウディから怒られるかも…~

以前、中国の自動車メーカ・Zotyeがランドローバー「レンジローバー・スポーツ(Land Rover Range Rover Sport)」をそのまま模倣したコピーモデル「T900」を発表・発売しましたが、更に別の中国メーカであるHanlong Autoが、全く同じ「レンジローバー・スポーツ」やアウディSUVをミックスしたかのようなコピーモデル「Hunkt Canticie」を世界初公開しました。


~しかしながら中国ではそんなことお構いなしに評判が高い模様~

中国のカーメディアサイト・Car News Chinaの情報によると、Hanlong Autoは中国・湖北省に拠点を置くメーカとのことで、「レンジローバー・スポーツ」よりもはるかに安価なスポーツSUVとなるものの、その見た目のクールさもあって中国では注目が集められているとのこと。

早速外観を見ていくと、ヘッドライトやクローム製フロントグリル、リヤテールライト、そしてフロントフード先端に貼付された”HUNKT”バッジが貼付された感じを見てみると、もろに「レンジローバー」のデザインを模倣したデザインに仕上げられていますね(ここまで大胆にコピーする中国は流石としか言えない)。

パワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力218hpを発揮するとのことで、最高時速は185km/hにまで到達するとのこと。

インテリアはこんな感じ。
さすがにランドローバーとは全く異なるデザインですが、フルデジタルゲージクラスターやダッシュボード中央にはインフォテイメントコントロールを収容するセカンドスクリーン、そしてセンターコンソールには円形のギアセレクターが装備されていますね。

気になる価格帯については、約196万円からの発売ということで、「レンジローバー・スポーツ」よりも約4分の1の価格帯にて購入することが可能となっています。

☆★☆中国メーカ関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう