これが最後?ホンダ新型「フィット4」ベースとなるフルモデルチェンジ版・新型「シティ(日本名:グレイス)」の開発車両が登場!カモフラージュ分厚めで発表ギリギリまで焦らすようだ

2020-05-27

~発表ギリギリまで一切抜かりなくテスト走行は続く~

いよいよ11月25日の世界初公開まで残すところ僅かとなった、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「シティ(日本名:グレイス)」ですが、発表直前でありながらインドにてカモフラージュのかなり分厚い開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両ですが、相変わらず外観の細かいデザインもわからず、アルミホイールまでもカモフラージュが施されているため、相当に徹底していることがわかるのですが、それでもスタイリングとしてはコンパクト4ドアセダンとして非常に引き締まったボディラインですし、それで車高も低く設定されているかのようにも見えますね。


~やはり後席の高さやスペースは大きく確保される可能性が高そうだ~

こちらはサイドから確認できている開発車両。
アルミホイールはスポーク数が多く、スポーティというよりもラグジュアリーを意識したデザインとなっており、テスト用に車高もグッと落していると思います。

これだけでも十分なスタイルですし、クーペのようにトップルーフからリヤハッチにかけて際どく傾斜していくようなファストバックでもないので、後席の居住スペースもしっかり確保できているのだと思われます。

ちなみに、既に新型「シティ」のティーザー映像も公開され、ホンダからは「新型シティの新たな挑戦は、過去の成功を乗り越え、古い信念や限界から解き放たれ、新たな可能性を生み出す可能性を持つことを使命としている」と説明しており、タイ市場にて発表・販売していく上のでの意気込みは相当強気であることがわかりますね。

また新型「シティ」は、2020年2月に発売される予定のフルモデルチェンジ版・新型「フィット4」がベースになっているとのことで、特にインテリアのデザインは、かなり先進的な要素を取り込みつつも、シンプルなデザインを重要視していると考えられます。

パワートレインについては、タイ政府のエコカーフェーズ2計画に合わせて、排気量1.0L 直列3気筒VTECターボエンジンを搭載されるとのことで、最高出力122ps/5,500rpm、最大トルク200Nm/2,000rpm~4,500rpmを発揮し、トランスミッションはCVTのみをラインナップし、燃費性能も33%向上するとのこと。

安全装備Honda SENSINGについては、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や早期警報ブレーキシステム(CMBS)、フロント衝突防止警報システム(FCW)、車線維持支援システム(LKAS)といった先進装備が標準装備されるとのことです。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう