2020年モデル・ホンダ新型「NSX」に新色のインディイエロー・パールⅡが追加!初代「NSX」を想起させる伝統カラーでオプション価格は88,000円

2020-05-27

スポンサーリンク

~ボディカラーが追加されるだけで一部改良は無し~

ホンダのハイブリッドスーパースポーツモデルとなる「NSX」が、2020年モデルとして新たに発売スタート。
今回の新型モデルでは、主に外観やインテリアのデザインに変更は無いものの、新色となる「インディイエロー・パールⅡ」がボディカラーとして追加ラインナップされました。

スポンサーリンク

~初代「NSX」からインスピレーションを受けた第二世代カラー~

今回で2回目の新色追加となりますが、前回はダイナミクス性能を熟成させた一部改良に加えて、過激なカラーとなるサーマルオレンジ・パールを採用。
そして今回は、初代「NSX」のインディイエロー・パールからインスピレーションを受けた伝統あるカラーということで、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンでも採用されるようなスポーティな色合いとなっていますね(但しハエ等の虫が集まりやすいカラーでもあるのでメンテナンスはかなり苦労すると思う)。

なお、今回新しいモデルイヤーを迎えるに辺り、ボディカラーラインナップも全9色になりますが、新色となるインディイエロー・パールⅡは意外にも控え目となる88,000円(税込)でのオプション価格となります。

その他のバレンシアレッド・パールやヌーベルブルー・パールは693,000円(税込)で、サーマルオレンジ・パールやソースシルバー・メタリック、カジノホワイトは88,000円、そしてクルバ・レッドと130Rホワイト、ベルリナブラックは無償カラーとなります。

気になる車両本体価格は2,420万円からとのことで、2020年1月10日~12日まで開催される東京オートサロン2020でも特別出展されるとのことです。

☆★☆「NSX」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Honda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう