トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」ベースとなるレクサス新型ミニバン「LM」の価格情報がリーク?!グレードは「LM300h」の一択、その気になる価格帯を見ていこう

2020-05-27

スポンサーリンク

~中国では3,000万円以上のプライスとなるようだが…?~

2019年末から2020年初め頃に発売予定となっているレクサス初のフラッグシップ・ラージミニバン・新型「LM(Luxury Mover)」。
トヨタ「アルファード(Toyota ALPHARD)/ヴェルファイア(VELLFIRE)」がベースとなっている今回のモデルですが、何と台湾にて関係者向けに先行発表された価格(プレゼン)情報が完全リークしています(情報並びに画像提供頂いたAndy氏には心より感謝!)。

既に中国の上海モーターショー2019にて公開され、中国での見積もり価格は(2列4人乗りのロイヤルラウンジ仕様で)3,000万円を超えるとのことですが、台湾市場ではどれだけの価格帯となっているのでしょうか?

スポンサーリンク

~これが台湾市場での暫定価格帯だ!~

こちらがリークされた台湾でのプレゼン資料と価格情報。
おそらく台湾ドルが単位になるかと思いますが、3列7人乗りのエグゼクティブラウンジ仕様については350万台湾ドル以上と記載されていることから、日本円にして1,250万円以上、そして2列4人乗りのロイヤルラウンジ仕様については500万台湾ドル以上と記載されていることから、日本円にして1,790万円以上であることがわかりますね。

日本市場においても、1,400万円以上にて販売されるとの噂もありますが、それに近い価格帯ですし、ロイヤルラウンジ仕様ともなれば余裕で2,000万円超えするんじゃないかな?とも思っていましたが、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」のロイヤルラウンジ仕様とそこまで大きな価格差が生じていないのはちょっと驚きです。

気になるエンジンラインナップは、今のところハイブリッド仕様となる「LM300h」のみとのこと。
「LM300h」は、「IS300h/NX300h/RC300h/GS300h」と同じような排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッド仕様(レギュラーガソリン)となりますが、基本的には現行「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド仕様と全く同じ内容になりますね。

☆★☆レクサス「LM」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう