【新型RAV4の兄貴分】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハイランダー」が遂に発売スタート!TNGA-K採用で乗り味は一気に向上、価格は約378万円から

2020-05-27

~新型「RAV4」に続いて勢いを加速できるか?~

トヨタの3列シーターSUVモデルとなる新型「ハイランダー(日本名:クルーガー)」が遂に発売スタートしました。
今回のフルモデルチェンジで4代目となる新型「ハイランダー」ですが、新型「RAV4」の兄貴分ということもあり、フロントフェイスは「RAV4」よりも更にアグレッシブに進化。

元々は保守的なデザインのイメージが大きかった「ハイランダー」ですが、フロントデザインの一新と、TNGA-K(Toyota New Global Architecture-K)プラットフォームの採用により、一気に質感が向上しています。

▽▼▽新型「ハイランダー」インプレッション記事はコチラ!▽▼▽


~デザインはまさに新型「RAV4」の兄貴分~

フロントマスクについても、かなりのダイナミック感とワイルド感が融合した顔つきに変化していますね。
フロントヘッドライトの配置の関係もあるとは思いますが、ワイド感も上手く演出できていると思います。

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
クーペ風のSUVとは異なり、「RAV4」のようなカクカクとしたボディはそのまま残し、後席の居住性とスペースをしっかりと確保。
ホイールベースも延長されているとのことですから、2列目以降のフットスペースも広く確保されているのではないかと思います。

また足元のアルミホイールは、グレードによって18インチ~20インチが設定されるとのこと。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプがどことなくレクサス「NX」っぽい感じもしますが、非常にシュッとした印象を受けます。

~インテリアの質感は見違えるように進化している~

インテリアはこんな感じ。かなり質感が高いですね。
そしてセンターディスプレイがめちゃくちゃワイド!これって何インチなんでしょうか?
レクサス「RX」等のように12.3インチあってもおかしくないレベルです。

センターコンソールはこんな感じ。
ウッド調のオーナメントパネルや、シフトブーツ付となるシフトノブ、そして電動パーキングブレーキとオートホールドブレーキ機能もしっかりと装備されていますね。

シートもこんな感じ。
2列目はキャプテンシートとなり、3列目はベンチシートになっていますね。

2列目の足元のスペースはかなり広々としていますね。
但しシートのリクライニングなどは全て手動なのが残念。

トランクルームはこんな感じ。
思いのほかそこまで広々とした感じではないですね…荷室の広さは新型「RAV4」の方が圧倒的に上かも知れません。

~グレード別の装備内容はこうなっている~

なおグレード別の装備内容を見ていくと、エントリーグレードでも3ゾーン気候制御やApple CarPlay/Android Autoを採用した8インチタッチスクリーンインフォテイメントシステム、LEDヘッドライト、Toyota Safety Sense 2.0スイート(歩行者検知による自動フロントブレーキ/アダプティブクルーズコントロール/車線逸脱警告/車線維持支援/道路標識認識/オートハイビームヘッドライト)を標準装備。

その上のLEグレードでは、パワーリフトゲートやブラインドスポットモニター、フォグランプ、本革巻きステアリングホイールを標準装備します。

更にその上のXLEグレードになると、電動パワー付となるフロントシートヒータや合成皮革シート、7インチゲージクラスターディスプレイスクリーン、サンルーフ等が標準装備となっています。

リミテッドグレードでは、標準にて18インチアルミホイールを装着しますが、オプションにて20インチアルミホイールを装着することも可能。
その他には、カーゴカバーや運転席メモリ、フロントベンチレーションシート、レザーシート、ダッシュ内ナビゲーションシステム、プレミアムオーディオシステムを標準装備します。

最後に最上位グレードとなるプラチナムでは、12.3インチタッチスクリーンインフォテイメントシステムやアダプティブヘッドライト、ヘッドアップディスプレイ、ヒーターリヤシート、パノラマサンルーフ、雨滴感知ワイパー、アラウンドビューカメラを標準装備します。

~新型「ハイランダー」ではガソリンとハイブリッドの2種類をラインナップ~

気になるパワートレインについてですが、大きくガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類をラインナップ。

一つ目は、排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力295hp/最大トルク357Nmを発揮。パフォーマンスとしては、最大2,268kgまでのけん引力を発揮するとのこと。

二つ目は、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを搭載したハイブリッドエンジンを採用し、システム総出力240hpを発揮します。

気になる価格帯についてですが、エントリーグレードで約378万円~、LEグレードで約402万円~、リミテッドグレードで約477万円~、プラチナムグレードで約512万円~の販売となっています。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう