是非とも市販化を!マイナーチェンジ版・ジャガー新型「Fタイプ(F-TYPE)」をシューティングブレークにしてみた。2ドアクーペよりイケてる?!

2020-05-27

スポンサーリンク

~2ドアクーペよりも、このスタイリングで市販化してほしい~

先日、ジャガーのマイナーチェンジ版となる新型2ドアスポーツクーペ「Fタイプ(Jaguar F-TYPE)」が世界初公開され、このモデルの最上位グレードとなる”SVR”が登場したら?というレンダリングが公開されていましたが、今回はスタイリングが変更された”シューティングブレーク”が登場したら?というレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのX-Tomi Design氏で、既存モデルの派生版を描くトップアーティスト。
そして今回の新型「F-TYPE」は、韓国・起亜「プロシードGT(Kia Proceed GT)」やポルシェ「パナメーラ・スポーツツーリスモ(Porsche Sport Turismo)」、プジョー「508SW(Peugeot 508 SW)」を脅かす最高にクールな2ドアシューティングブレーク仕様となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~「GTC4ルッソ」等のスーパーカーにも十分対抗できる?~

改めてレンダリング画像をチェックしていくと、5ドアタイプではなく敢えてスポーティ性を強調する3ドアタイプで、明らかに2ドアクーペよりもこちらの派生版の方が売れるのでは?と思わせるほどにナチュラルでクール。

フェラーリ「GTC4ルッソ」やアストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガートシューティングブレーク」を想起させるものがありますが、これにSVRグレードのV8スーパーチャージドエンジンが搭載されたら、間違いなくスーパーカー市場で戦える程のポテンシャルを持つのではないかと思いますね。

~SVRグレードの完成予想レンダリングも見ていこう~

ちなみにこちらが、”SVR”を想定した完成予想レンダリング。
新型より更にアグレッシブとなったフロントヘッドライトと、大口化されたフロントグリル/エアインテーク、更には過激な大型リヤウィングを装備したハイパフォーマンス仕様になっています。

このレンダリングでは、そういった過激なスタイリングにてデザインされ、パワートレインも排気量5.0L V型8気筒スーパーチャージドエンジンを搭載し、最高出力575hp以上を発揮することが予想されますね。

リヤデザインはこんな感じ。
下廻りのブラックパーツには、グロスカーボンファイバ製のエアロキットを装着し、リヤマフラーは従来と変わらずとなる両サイド2本出しのクワッドエキゾーストシステムを採用しています。

足もとのホイールも大口径&極太ホイールで、スポークデザインも非常にシンプルながらスポーティ且つエレガントな見た目に仕上がっていますね。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう