フルモデルチェンジ版・スズキ新型「ハスラー」の納期が早くも4か月近くに?!これに合わせて新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の予約キャンセルも増えているようだ

2020-05-27

~新型「ハスラー」は発表されてすぐに注文しないと大変なことに?!~

さて、2019年12月24日にスズキのフルモデルチェンジ版・新型「ハスラー(Suzuki Hustler)」が発表され、これに合わせてグレード別価格帯や見積もり、先行予約も受付けスタートとなりましたが、何と発表されて1週間も経過していないのに、早くも納期が4か月近くまで伸びていることが判明。


~新型「ジムニー」の予約キャンセルも続々~

いつもお世話になっているスズキディーラ・担当セールスさんの情報によると、新型「ハスラー」の先行予約は順調のようで、現行「ハスラー」からの乗り換えが非常に多く、加えて新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」を予約していた方々がこれをキャンセルし、新型「ハスラー」へと移行しているとのことでした。

これによって、新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の納期がどれだけ短縮されるかはわかっていないものの、トヨタのような共食い戦略が実現していることは確かだと思います。

「ハスラー」と「ジムニー」は、それぞれ似ているようで性格は全く異なる乗り物ではありますが、”5ドア版ジムニー”と言われているのが「ハスラー」であることから、実用性などを考慮し、さらにはマイルドハイブリッド技術を新たに搭載して、現行モデルとほぼほぼ据え置きの価格帯にしてきていますからね。「ジムニー」をキャンセルする理由も何となく理解はできると思います。

価格帯をほぼほぼ据え置きにしているのも、現行「ハスラー」からの乗り換えを検討している人をメインに考えつつ、新規顧客に対しても”技術は進化してもほぼ変わらないプライスで提供する”という消費者目線で発表しているそうです(これは担当セールス談)。

先述にもある通り、12月24日に発表されてわずか1週間しか経過していない新型「ハスラー」ですが、おそらく発売日となる2020年1月20日には、納期も5か月以降になるとのことで、年明けの新年初売りセールが一番の狙いとのこと。

おそらくこのあたりで更に注文が殺到するとのことですから、新型「ハスラー」を検討されている方は、早めの判断と念のために仮予約だけしておくのもありかもしれません(私がいつもお世話になっているディーラでは、納車される1か月前まではボディカラーの変更が可能とのことなので、この辺りは最寄りのディーラにて確認してみてください)。

☆★☆新型「ハスラー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう