フルモデルチェンジ版・スズキ新型「ハスラー」の発表が12月24日/発売日が2020年1月20日で確定!価格は12月23日に判明するかも?

2020-05-27

~新型「ハスラー」は予定通り発表・発売されるようだ~

いよいよ2019年12月末より発売予定となっていたスズキのフルモデルチェンジ版・新型「ハスラー」ですが、この個体の正式な発表日と発売日が遂に明らかになりました。

先日いつもお世話になっているディーラより連絡があり、発表は2019年12月24日となり、発売は2020年1月20日にて決定、そして価格公開については早くとも12月23日になるかもしれない?とのことで、価格が判明次第すぐに当ブログでも公開していきたいと思います(可能であれば見積もりも)。

当初は、スズキの無資格検査員による不正検査によって、約180万台近くのリコールが発令してしまったために、これによって新型「ハスラー」の発売時期が遅れる?といった噂がありましたが、どうやらこの問題には直接的にバッティングすることなく、何とかスケジュール通り発売へと漕ぎ着けることができるとのことでした。


~改めて新型「ハスラー」の変更ポイント等をおさらいしてみよう~

そしてここからは、新型「ハスラー」の変更内容やアップグレード内容をおさらいしていきましょう。

アウトドアやキャンプ、マリンスポーツ等の色んなジャンルにおいて幅広く活用できることを強調した新型「ハスラー」。
別名として「ジムニーの5ドア版」としても有名ですが、子供から大人まで好まれる非常にユニークな一台だと思います。

今回のフルモデルチェンジにより、マイルドハイブリッド技術を全グレード標準搭載しているため、走りの質感はもちろんのこと、長距離移動にも適した内容になっているとのこと。

そしてこちらがインテリアデザイン。
全体的に丸っぽいアクセントが強調され、更にはバーミリオンオレンジと呼ばれるアクセントカラーを加味した特別な内装を提供。
シートは撥水ファブリックを採用しているとのことで、質感はそれなりに高そうです。

続いては「ハスラー」の得意分野でもある荷室(ラゲッジスペース)。
具体的なトランク容量は記載されていないものの、後席をフラットに倒せばマウンテンバイクも載せることが可能なようですね。これはかなり便利ですし、ホンダ「N-BOX/N-BOX Custom」の強みの部分の対抗にもなりそうです。

そしてこちらは収納スペース。
グレードによって装備されるものされないものがあるようですが、全グレード共通にて「防汚タイプラゲッジフロア」と「防汚タイプラゲッジアンダーボックス」が標準装備されます。

それ以外では、上位グレードとなるHYBRID X/HYBRID Xターボについては「インパネアッパーボックス(リッド付)」や「フロアコンソールトレー[ドリンクホルダー付]」、「パーソナルテーブル(助手席背面)」、「運転席シートバックポケット(2段)」が標準装備されるようですね。

こちらは、今回のフルモデルチェンジによりスズキの軽自動車モデルとしては初となる「スノーモード」が4WDモデル限定にて搭載。
この機能は、「スノーモード」専用スイッチをON/OFFするだけで起動するとのことで、ONにしていれば路面がスリップしやすいところでも、自動でエンジン出力を抑え、更にはブレーキ制御も行い、安心して発進することができるそうです。

カラー液晶メータ表示のリアリティなアニメーションもかなり力が入っていることが確認できます。
これからの雪の季節、スノーボード等のウィンタースポーツはもちろんのこと、雪国では大いに活用してくれそうな機能だと思いますね。

続いては、スズキの予防安全技術となるセーフティ・サポート(Safety Support)。
今回のフルモデルチェンジにより、6種類から13種類へと大幅にアップグレードされます。

そして今回の新型より、ターボモデル限定ではありますが、スズキの軽自動車としては初となる「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も追加。
近年の軽自動車&ターボモデルでは必須装備となっていますが、ようやくスズキでもこの機能が装備されますね。

更には、「スイフト・スポーツ」でも設定されている車線からはみ出しても自動車真ん中へとハンドル調整してくれる「車線逸脱抑制機能」も装備されるので、かなり先進性が向上します。

【新型「ハスラー」セーフティサポート一覧】
・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・ハイビームアシスト

・標識認識機能
・先行車発進お知らせ機能
・アダプティブクルーズコントロール
・全方位モニター用カメラ
・[スズキ軽初]アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付(ターボ車のみ)]

~グレードは大きく4種類、更なる社用車用エントリーグレードもラインナップ予定~

新型「ハスラー」のグレードについてですが、現行モデルでは「Jターボ/J/Gターボ/G/A」の5グレードという内容でしたが、今回のフルモデルチェンジによりマイルドハイブリッドモデルのみがラインナップされ、更にグレードも4グレードへと縮小されています。

但し、将来的には社用車用となるエントリーグレードもラインナップされるそうですから、結局のところは5グレードとなるかもしれませんね。
現時点での詳細グレード一覧は以下の通りとなります。

【新型「ハスラー」グレード一覧】
・HYBRID Gターボ[2WD/4WD]
・HYBRID G[2WD/4WD]
・HYBRID Xターボ[2WD/4WD]
・HYBRID X[2WD/4WD]

そしてここからはグレード別の主要装備一覧。
下位グレードとなるHYBRID G/HYBRID Gターボでも十分すぎる装備内容となっていますが、何よりもターボモデルではパドルシフトが搭載されるというのは、個人的に嬉しいポイントではありますね。

【新型「ハスラー」グレード別主要装備一覧】

[HYBRID G/HYBRID Gターボ]
・マイルドハイブリッド
・スズキ・セーフティ・サポート
・スノーモード(4WD車限定)
・グリップコントロール(4WD車限定)
・ヒルディセントコントロール(4WD車限定)
・防汚タイプラゲッジフロア
・後席スライド用ストラップ(背面)
・防汚タイプラゲッジアンダーボックス
・[メーカオプション]全方位モニター付メモリナビゲーション
・[メーカオプション]全方位モニタ用カメラパッケージ 他

[HYBRID X/HYBRID Xターボ]
・LEDヘッドランプ
・本革巻きステアリングホイール
・運転席シートバックポケット[2段]
・フロアコンソールトレー[ドリンクホルダー付]
・パーソナルテーブル(助手席背面)
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
・IRカット機能付フロントガラス
・15インチアルミホール 他

[ターボモデルのみの主要装備]
・ターボエンジン
・パドルシフト
・スズキ・セーフティ・サポート(アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]、車線逸脱抑制機能)
・パワーモード 他

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう