えっ、これがハイラックス??ピックアップトラックでお馴染みのトヨタ「ハイラックス」をシャコタン&オーバーフェンダーのゴリゴリ族車仕様にしてみた

2020-05-27

~まさかこれがトヨタ「ハイラックス」とは誰も想像できまい~

トヨタのピックアップトラックモデルとして根強い人気を誇る「ハイラックス(Toyota Hilux)」。
今回「ハイラックス」の第二世代モデルをベースにしたゴリゴリのシャコタン&オーバーフェンダーを装着した族車仕様の「ロケット・ハイラックス(略称:ロケハイ)」なるレンダリングが公開されています。

今回このレンダリングを公開したのは、スーパーカーや一般車まで幅広いカスタムモデルを描くデジタルアーティストのYasid Oozeear氏で、レトロチックな面影はしっかりと残しつつ、ピックアップトラックスタイルから、ロータス「ヨーロッパ」のようなブレッドバンスタイルへと改造されていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~レトロさの中に現代的なデザインも取り入れるトレンド仕様~

リヤプロファイルで見る「ハイラックス」はこんな感じ。
もはや原型となるモデルがどういったものなのかが全くわからないほどの変貌ですね。
一応リヤエンドには”TOYOTA”のエンボス加工が入っていますが、パッと見で「ハイラックス」とわかる人はかなり少ないのではないかと思います。

またリヤウィングも、フルカーボンファイバ仕様でダッジ「チャージャー・デイトナ」を想起させるようなド派手さがあり、リヤテールランプはテスラ「サイバートラック」のようなセンターストリップの直線的なデザインを取り込んでいますね。

リヤディフューザーの迫力もすごいですね…おそらくボディパネルのほとんどを完全にワイドボディキットへと総付け替えしている可能性が高いですが、ピックアップトラック本来のオフロードに特化した走りは、この個体ではまず不可能でしょうね。

見れば見るほどに元のモデルが何なのかがわからなくなるモデル「ロケハイ」。
こうした過激なモデルは、残念ながら現実世界では存在しないものの、実際にカスタムできることを想定してデザインしているところもYasid Oozeear氏の凄いところではありますね。
東京オートサロンなどのカスタムカーショーでは間違いなく注目を浴びる一台だと思います。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう