日産「フェアレディZ(Z34)」をロングノーズ&ワイドボディにしてみた。日本版・ダッジ「ヴァイパー」みたいになってしまった件

2020-05-27

~日産公式はこれぐらい過激なモデルを発表しても良いと思う~

日産の2ドアスポーツクーペモデル「フェアレディZ(Z34型)」をロングノーズ・ショートデッキ&ワイドボディ化してみたら?というレンダリングが公開されています。
今回このレンダリングを作成したのは、デジタルアーティストでお馴染みYasid Oozeear氏で、過去これまでに「フェアレディZ」関係のレンダリングを数多く投稿している生粋の国産車好きでもありますね(特に日産)。

早速今回公開されているレンダリングを見ていくと、シャークフィン形状付の大型リヤウィングを装着し、過激なフロントスプリッターと、カーボンファイバ製の超ワイドなフロントオーバーフェンダーとサイドスカートを装着し、更にフロントのロングノーズ部分は、イギリスのカーンデザインによって開発されたロングノーズ仕様のランドローバー「ディフェンダー」からインスピレーションを受けたデザインに仕上げられているとのこと。


~やり過ぎにも見えるが結構良い感じでまとまっている~

リヤデザインはこんな感じ。
何かとんでもないことになっていますね…
よくよく見てみると、マフラがリヤバンパー下ではなく、トランクスポイラー上部にリヤウィングと一体化するような形でインストールされています。一体どのようなエキゾーストサウンドを奏でてくれるのかしら…

パワートレインについては、恐らく現行と同じ排気量3.7L VVEL型エンジンを搭載しているものと予想されますが、スタイリングだけを見ていくと大排気量エンジンを搭載するダッジ「ヴァイパー」っぽくも見えるゴリゴリな一台(ロングノーズ・ショートデッキ好きの私にとってはたまらない一台)。

おまけにリヤディフューザーはGTレースにでも参戦するかの如くスリット溝がスゴイこと。
どれだけの空力性能とダウンフォース量を向上させているのかはわからないものの、是非とも日産にはこうしたエクストリームなモデルを東京オートサロン2020にて発表してほしいところですが、今回はスカイラインシリーズを多数発表するとのことです。

☆★☆「フェアレディZ」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう