(印)スズキのマイナーチェンジ版・新型「イグニス」が発表前に完全リーク。オフロード感を強調するアクティブスタイルで日本仕様は異なる雰囲気に

2020-05-27

~まだ発表まで2か月もあるのにこんなに早くリークするとは…~

インド市場をメインに販売を手掛けるマルチ・スズキより、クロスオーバー型コンパクトカーの新型「イグニス(Maruti Suzuki Ignis)」が、2020年2月よりマイナーチェンジ版として新たに販売される予定となっていますが、何と発表前であるにも関わらず早くも完全リークしています。

毎年2月に定期的に一部改良が施されるインド仕様の「イグニス」ですが、今回はデザインの大幅な一新に加えて、インド市場ならではとなるAIS145安全基準に準拠する安全装備の追加となるそうで、更なる販売台数の増加を図るとのこと。


~フロントマスクはよりアクティブでオフロード感を強調~

具体的な変更ポイントとしては、フロントマスクが同社「ビターラ・ブレッツァ」よりインスパイアされたU字型インサートを備える新たなラジエータグリルを採用し(ちょっと新型「エスプレッソ」にも似ている)、フロントバンパーもリフレッシュ。

特にフロントバンパーは、先述にもある通り「ビターラ・ブレッツァ」に倣うシルバーリップトリートメントが装備され、丸形フォグランプにはヴァーティカルハウジングを取り付けることで、全体的にオフロード感を強める一方で、よりアクティブなスタイルへと一新しています。

ちなみにこちらが日本仕様の「イグニス」。
フロントグリルデザインはもちろんのこと、フロントロアバンパーのデザインも大きく異なっていることが確認できますね。

インテリアのリーク画像はないものの、どうやらSmartPlay Studioインフォテイメントシステムから、Smart Playインフォテイメントシステムへと置き換えられ、新たなデザインのオーナメントパネルや専用トリムが登場するのではないか?との情報が入っています。

~エンジンは従来ながらも燃費性能を向上~

パワートレインについては、BS-VI規格に準拠した排気量1.2L K12型直列3気筒エンジンを搭載し、最高出力82.94ps/最大トルク113Nmを発揮。
トランスミッションは5速MT/5速ATのいずれかから選択が可能で、燃費もインド市場の排出ガス基準を満足した20.89km/Lを実現します。

ボディカラーは全9色をラインナップするとのことで、具体的にはモノトーンカラーが「ネクサブルー/グリスニンググレー/シルキーシルバー/パールアークティックホワイト/ティンセルブルー/アップタウンレッド」、2トーンカラーが「ピークアークティックホワイト&ティンセルブルー/ミッドナイトブラック&ティンセルブルー/ミッドナイトブラック&アップタウンレッド」となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Orange is the new #IGNIS

# (@suzukigarage)がシェアした投稿 –

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう