【極悪感が凄すぎる…】ドイツの過激チューナPrior Designが、ランボルギーニ「ウルス」専用の最新ワイドボディキットを発表。カーボンファイバのグリーンのアクセントで一気に個性とオーラを発揮

2020-05-27

~オーナーの希望によって叶えられた最新ワイドボディキット~

ドイツの過激チューナでお馴染みPrior Designが、ランボルギーニのSSUVモデルとなる「ウルス(Lamborghini Urus)」を過激カスタム。
今回Prior Designが発表した最新ワイドボディキットでは、ワイド感を際立たせるワイドフェンダーを装着することで、SUVらしさを更に強調。
一応、プロテクタパーツ的な扱いで装着されているそうですが、普通のボディパネルよりも高額なパーツとなっているため、これでアウトドア用として活用するのはかなりの勇気が必要そうですね。


~純正を崩さずにここまで個性を発揮できるPrior Designは凄いと思う~

このほかにも、フロントフードにはダクトが設けられたり、フロントスプリッターやグリルサラウンドの追加、大型のルーフスポイラー、過激なリヤディフューザー、両サイド2本出しのクワッドエキゾーストシステム等、元々凶悪な印象を持たせる「ウルス」が更に極悪チックに変化するところは、Prior Designの思い切ったところでもありますね。

ワイドボディキット以外にも、足元にはランボルギーニのイメージを象徴するY字スポークの24インチ大口径アルミホイールを装着。
ホイールにはグロスブラック仕上げが施され、タイヤ規格はフロント285/30・リヤ335/30ととにかく極太。

ドアサイドパネル同様に、ブレーキキャリパも蛍光グリーンにてペイントしているところもナイスですね。

パワートレインは、従来通り変わらずの排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力641hp/最大トルク850Nmを発揮。
今回はワイドボディキットのみとなっていますが、ゆくゆくはエンジンチューニングキットも登場する予定とのことです。

☆★☆ランボルギーニ「ウルス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう