これがレクサスの全く新しいSUVモデル?ミドルサイズSUV以上となる「GX/RX」の中間的立ち位置で3列シートでありながらもスタイリングはクーペSUV風?

2020-05-27

~レクサスはまだまだ開拓できていない部門が多い~

via:https://response.jp/

以前、レクサスが全く新しいSUVモデルを追加ラインナップする計画があることをお伝えし、そのサイズ感としてはミドルサイズSUVの「RX」と大型サイズSUVの「GX」の中間的な立ち位置になると説明。

アメリカの海外自動車サイトAutomotive Newsの情報によれば、レクサスの新世代SUVモデルは、7人乗り~8人乗りの新たなサイズ感を持つとのことですが、具体的なボディスタイルについては明らかにされておらず、「RX/GX/LX」のような室内性を重要視したファミリースタイルなのか、それともポルシェやアウディを意識したクーペ風SUVとなるのかは定かではないものの、すでにこういったトレンドについて遅れが生じているレクサスとしては、クーペSUVに取り掛かるのがある意味先決ではないか?と考えたり…

そして、自動車ニュースサイトSpyder7が、今回得られた情報を基に早くも新世代SUVの完成予想レンダリングを公開しています(おそらく過去に公開した「LQ」の引用だと思われる)。


~新世代SUVも安定してレクサス顔になる?~

via:https://response.jp/

早速Spyder7が作成したレンダリングを見ていくと、フロントマスクは全体的にレクサスの味あるアグレッシブなデザインを上手く踏襲しつつ、フロントのスピンドルグリルは新型「RX/GX」といった非F SPORT専用のドット柄を採用。
現時点ではF SPORTグレードが登場するかは不明ですが、もし登場すればフロントグリルは従来通りメッシュ(網目)を採用し、グリルフレームは漆黒メッキにて塗装される可能性が高そうですね。

via:https://response.jp/

フロントヘッドライト周りはこんな感じ。
ヘッドライトは少し見にくいですが、かなり鋭く奥行きのある目つきになり、デルタ配列の三眼フルLEDヘッドライトを採用。
そしてその直下には非常にワイド感のあるL字型の独立式デイタイムランニングライトが搭載されています。
その下のL字型ハウジングですが、これはおそらく流れるタイプのシーケンシャルウィンカーではないかと思いますね。

ちなみに足元のアルミホイールは、ちょっとオフロードチックにも見えるハイパークロームメタリック風のゴリゴリ仕様。
5穴式ではなくセンターロック式というのが気になりますが、かなりパフォーマンス性の高いタイヤを履いてそうな気はしますね(7~8人乗り仕様のSUVに高いパフォーマンスが必要かといわれると疑問ですが…)。

via:https://response.jp/

再度全体のスタイリングを見ていきましょう。
ボディスタイルとしては非常にスタイリッシュなクーペ風SUVに仕上がっていますね。
先述の通り、やはり欧州SUVのトレンドに乗っかって売り上げを更に伸ばしていくこと、欧州市場やアメリカ市場にて生き残っていくためにはこうした新たなスタイルを展開していかないと注目されるのは難しいのかもしれません(ラグジュアリーを強く謳うレクサスだからこそ、余計にそれが足かせになっているのかもしれないが…)。

もちろん、その分車内の快適性をある程度犠牲にする必要はあると思いますが、ラグジュアリー性を意識するレクサスがどこまで改良を加えることができるのかもキーポイントになると思います。

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう